2014年02月10日

採点競技は、やっぱり好きになれないhttp://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140209-00000110-jij-spo

Yahoo:「採点操作報道を否定=米ロは完全否定―フィギュア〔五輪・フィギュア〕

ソチ五輪のフィギュアスケートで、ロシアと米国との間で取引があり、採点を操作した可能性があると、フランスのスポーツ紙レキップが匿名のロシア人コーチの話として報じたことについて、米国とロシアの連盟は9日までに強く否定した。
 レキップの記事は、アイスダンスの米国ペア、メリル・デービス、チャーリー・ホワイト組をカナダのテッサ・バーチュー、スコット・モイヤー組に勝たせる見返りに、ロシアがペアと団体で金メダルを獲得することにしたと伝えている。
 これに対し、ロシア連盟首脳は「もし証拠が出せないなら、報じるべきではない」とし、米国連盟は「記事は完全に間違い」と声明を出した。


陸上競技みたいに時間だけが勝負を決めるなら良いのですが
どうも演技を見て採点するというのは、見ていて不満がたまりやすいので好きになれません

良い演技だろって思っていても、得点が伸びなかったり
ダメな演技だろって見ていても、妙に高得点だったりすると
審判が信用できなくなるので、見ていてイライラするばかり

人が人を採点するということの難しさもあるだろうし、よく言われるとおり八百長の可能性もあり得るように感じられるので、どうにもね

なにか採点をしても、誰もが納得できるようなものすごく客観的に図ることが出来るシステムが出来ないものでしょうか?


http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140209-00000110-jij-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック