2014年02月02日

何もかも支那朝鮮からの言いがかり>ドイツで日中応酬http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140202-00000002-jij-pol

Yahoo:「歴史・尖閣で日中応酬=岸田外相、批判に反論―ドイツ

ドイツで開かれているミュンヘン安全保障会議で1日午後(日本時間同日夜)、アジアなどの地域問題に関する会合が開かれ、岸田文雄外相と中国全国人民代表大会の傅瑩外事委員会主任委員が歴史認識や沖縄県・尖閣諸島をめぐり、激しくやり合った。
 傅主任委員はこの中で「最も重要なのは日本が第2次大戦の犯罪を否定していること。歴史教育の失敗だ」と批判。また、「日本が大戦で起きたことに誠実に向き合えば、周辺国と和解できる」と主張した。尖閣問題でも「主権は放棄しない」と強調した。
 この後演説した岸田外相は「日本は歴史を直視し、大戦や植民地支配について反省を明確に表明している」と反論。「日本は戦後一貫して東アジアにおける自由、民主主義、法の支配を擁護してきた」と訴え、国際社会に理解を求めた。一方、「中国とはさまざまな懸案があるが、大局的観点から関係を進めるべきだ」と述べ、安全保障分野での対話を呼び掛けた。


支那朝鮮の強欲が収まるまでは、この問題集結しないでしょうね

日本はとにかく理路整然と、支那朝鮮からの言いがかりだということを粘り強く説明していくしかないでしょう

尖閣諸島だって、地下資源が見つかるまで見向きもしなかったことは明々白々だし、
各国の領土を狙っていることについてはASEAN諸国から賛同を得られる可能性は高いですから、がんばるしかない
それだけにASEAN諸国への援助、インドとの連携は欠かせないかと思います

また、マスコミが必要以上にインドを貶めるのもその辺に理由はあるんでしょうね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140202-00000002-jij-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(主に特定アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック