2014年01月25日

広めているのはお馬鹿さんでしょ?>日本国民へノーベル平和賞って(笑)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000005-kobenext-soci

Yahoo:「日本国民にノーベル平和賞を 署名サイト、支持広がる

憲法9条を保持する日本国民にノーベル平和賞を‐。戦争放棄をうたった条文を戦後70年近く守り続けている意義を世界的に広めようとするインターネット上の署名活動が注目を集めている。神戸の学識者らが推薦人に名を連ね、昨秋に開設したサイトには、すでに1万3千人を超える支持が集まっている。(小川 晶)


 神奈川県座間市の主婦鷹巣直美さん(37)が発案。学生時代に留学したオーストラリアで、内戦などで祖国を追われた人たちに出会い、平和な日本と、それを支える憲法9条の重みを実感したという。

 「自衛であれ、介入であれ、行使していい武力なんてない。『徹底して戦争をしない』という9条の趣旨を大切にしないと」

 改憲の議論が活発化した昨年5月、個人サイトで署名を集めてノルウェー・ノーベル委員会に「9条」のノミネートを依頼。委員会から「授賞は、個人や団体に限られる」「推薦には、国会議員や神学の教授、平和賞受賞者などの資格が必要」などと指摘を受け、対象を「9条を保持する日本国民」に切り替えた。

 活動は市民団体などを通じて全国に広がり、実行委が発足。懸案だった推薦人も昨年末までに一個人、一グループが集まった。その一人、神戸松蔭女子学院大の勝村弘也教授=聖書学=は「改憲の議論を日本国内の問題としてとらえるのではなく、70年近く戦争をしていない国の憲法という世界的な視点で考えるきっかけになる」と思い、趣旨に賛同したという。

 今年の平和賞推薦締め切りは2月1日で、集まった署名は推薦文に付記される。「二度と戦争をしてはいけないという多くの人の声を届けたい」と話す鷹巣さん。活動は、受賞が実現するまで続けるという。詳細は、実行委の署名サイト


もうアホかバカかと

日本に日本国憲法が、9条があるから平和でいられたというのは何の冗談かと

武力も何も持たなければ、チベットやウィグルの人たちのように蹂躙され続けるだけで、何の益ももたらさないでしょう

良くも悪くも、日本が平和でいられたのは日米安保のおかげでしかありません
在日アメリカ軍という強大な力が日本にいたから、周辺国の脅威から守られてきたのです
そのことを無視して、9条のおかげで平和だったというのは、あまりにも愚かでしかありません!

日米に存在した、存在する民主党政権のおかげで最近日米関係がおかしくなってきたことで支那や朝鮮の脅威が強くなってきたことを改めて認識すべきじゃないでしょうか?

アメリカ軍が日本からいなくなり、自衛隊の扱い方次第では冗談抜きで日本は支那に侵略されるでしょう
そのとき女性がどんな目に遭うか、男性がどんなことをされるか、チベットなど支那に侵略された国の状況を見て予習しておくべきでしょうね

それでも大丈夫だと言い張るのであれば、もう救いようがないのですが・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000005-kobenext-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛い人の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック