2014年01月23日

支那の侵略行為がアジアの平和を壊しているhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000090-mai-int

Yahoo:「<中国>南シナに監視船常駐へ 海上警察力を強化

中国は、ベトナムと領有権を争う南シナ海の西沙(パラセル)諸島の永興島に5000トン級の監視船を常駐させる方針だ。中国国家海洋局の機関紙「中国海洋報」が21日報じた。中国が今月から南シナ海での外国漁船の操業に許可の取得を義務づけたことを受け、東南アジア諸国連合(ASEAN)が懸念声明を出したばかり。監視船が常駐化すれば、南シナ海をめぐる緊張は一段と高まりそうだ。

 中国海洋報は、監視船の配備による定期的な監視制度と伝えている。実施時期は不明。

 永興島は、1974年に当時の南ベトナムと中国が武力衝突して以降、中国が実効支配する。漁業規制強化直後の今月初め、中国の監視船がベトナム漁船を取り締まる事案が2件発生し、今年が衝突から40年に当たることもあり、ベトナムで反中デモが起きた。

 一方、国営中国中央テレビは今月、2007年にあった中国の海洋調査船とベトナムの船の激突映像を公開。警察権の強化に向け強い姿勢を示した。

 海洋強国を目指す中国は、日本の海上保安庁に当たる中国海警局が、15年までに1000トン以上の監視船を今の2倍の50隻以上に増やす。さらに、世界最大級の1万トン級の監視船の建造契約も結んだ。21日付北京紙・京華時報は「このペースで発展すれば20年ごろに米沿岸警備隊と同規模になる」と報じた。

 中国が海上警察力の強化を急速に進めている現状を受け、ASEANと米国は今年4月、ハワイで初の国防相会議を開催し対応を協議する方針だ。


この様に支那が周辺国に対してけんかをふっかけ、紛争を起こしているようなものじゃないですかねぇ
支那の侵略行為は、アジア各地にとって脅威でしかないですよね

支那が消えれば、かなりアジアは良くなると思いますよ。もちろん半島もそのためには邪魔ですが


日本はASEANに協力して、支那の侵略行為に対抗していくべきでしょう
ASEANもそれを望んでいるのでは?
支那がASEAN側の領土を狙っている以上、日本に頼らざるを得ないし、それだけの力を日本は持ってます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000090-mai-int


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 ASEAN 平和
posted by ! at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック