2013年12月26日

外国産は危険>支那百度ソフトはウィルスhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000267-yom-sci

Yahoo:「百度ソフト、便利で人気だが「まるでウイルス」

「まるでウイルス」――。

 パソコンに入力した文字列を全て外部に送信してしまう中国社製の日本語入力ソフト「バイドゥIME」。国民の大切な情報を扱う役所や大学でも気づかないまま使われていたことに、関係者はショックを受ける。便利なソフトなだけに人気も高く、推定利用者は200万人以上。専門家は「便利なITサービスでも、利用者に仕組みを正しく伝えなければ、悪性のウイルスと同じになってしまう」と指摘する。

 「市民の個人情報は漏れていないと信じたいが……」

 愛知県豊田市の太田勝彦・情報システム課長はうなだれた。同市では25日午前、バイドゥ側のサーバーとの通信記録を調べ、2時間に数十回の通信が行われていたことを確認。通信記録をたどると、14台のパソコンにバイドゥIMEがインストールされていることが分かった。

 14台は、市民福祉部や企画政策部など計8部局で使用しているパソコン。職員から聞き取ったが、いずれも「そんなソフトがインストールされているとは知らない」と驚いていたという。

 情報セキュリティーの専門家によると、バイドゥIMEは、無料ソフトの配布サイトなどで、表計算や文書編集のソフトと「抱き合わせ」で配布されていることが多いという。利用者は別のソフトをインストールしているつもりで、バイドゥIMEも入れてしまった可能性がある。

 市では、このソフトを削除したうえで、バイドゥのサーバーに接続できないよう対策を講じた。「今後も調査を重ね、仮に市民にかかわる情報漏えいがあればしっかり対応したい」と太田課長は話す。

 外部ソフトのインストールが原則禁止となっている中央省庁でも発覚した。公用パソコン5台にインストールされていた外務省では、職員が届け出て、情報通信課が「業務に必要」と認めれば許可される仕組みという。担当者は「バイドゥIMEを許可した記録はない」としており、他のソフトをインストールする際に、入ってしまった可能性もある。

 先端技術など知的財産を扱う教育研究機関でもソフトが見つかったが、「自由な気風を大切にする大学では、ソフトの規制は難しい」とある大学関係者は漏らす。職員など事務系の端末計約600台中16台から発覚した東工大のセキュリティー担当者も「事務系端末はまだ把握できるが、研究者や学生の持ち込んだパソコンまで管理できず、全体像はつかめない」と打ち明ける。

 バイドゥIMEは、数年前から登場した「クラウド変換」という機能が導入された便利なソフトでもある。変換機能を向上させるため、サーバーに利用者の入力情報を送り、学習させているとみられる。東工大の担当者は、「利用者の便宜を考えた機能だとは理解できる」としながらも、キーボードで入力した内容を監視する「キーロガー」というウイルスと「まるで同じだ」と批判する。


外国産、特に支那産なんか使ったら危険に決まってます
早く駆除すべきでしょう

勝手にインストールされる場合があるそうなので、コントロールパネルできちんと確認して削除した方が良いかもしれません

また、スマホなどアンドロイド用の変換ソフトにもあるそうなので、そちらも要チェックですね!

食べ物同様、この様なコンピュータソフトも国産を使った方が良いですね
特に支那朝鮮製は危険と認識しておくべきでしょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000267-yom-sci


ブログランキング にほんブログ村

別記事を追加欄へ追加
百度IMEがクレカ番号を送信
関連記事
”KINBRICKS NOW(キンブリックス・ナウ)”:「Baidu IMEがクレカ番号など入力情報を勝手に外部送信=超アグレッシブ企業・百度の伝説 : 中国・新興国・海外ニュース&コラム

中国検索最大手・百度の日本支社が提供している日本語変換ソフト・Badiu IMEが、利用者に無断で入力情報を自社サーバに送信していたことが明らかとなった。


■他社だって入力情報を収集している?ならば百度の問題とは?

近年、日本語変換ソフトの精度は大きく向上したが、その背景の一つとしてユーザーの入力データを収集し、ソフトの改善に役立てていることがある。日本人が一番よく使うソフトである日本語変換ソフトの機能向上はまぎれもなく喜ばしい事態だが、その一方で「あの子にあてた恋文」やらクレジットカード情報やパスワードが外部に送信されているかと思うと、ちょっと勘弁して!という思いを抱くのも当然だろう。

プライバシーと利便性の天秤というネット時代にはよくある話。ジャストシステムのATOKやグーグルの日本語IMEとて入力情報を外部に送信している。ちなみに先日、ジャストシステムのアンドロイド版ATOKをインストールしたのだが、その際「パスワードも含めて入力情報を外部送信するけど、ええか?」的なメッセージが表示され、かなりどきっとした。率直に明示してくれている点では好感が持てるとはいえ、夜な夜な「ウラミハラサデオクベキカ」と書きつづっているボクの魔太郎日記がネットに送信されるかと思うと……。

ともあれ、クラウド時代を迎えた今、「プライバシーを売って利便性を手に入れますか?」という悪魔との契約はそこいら中に転がっている。その意味ではBaidu IMEの話も奇異なものではないのだが、実は一般化できない問題点もあるようだ。

複数の日本語記事が出ているが、ポイントを書き落としている記事もあるようなのではっきりさせておきたいのだが、NHK NEWSwebの記事が正しくクリティカルなポイントを挙げている。

このソフトは、初期設定ではパソコンの情報を外部に送信しないと表示していますが、セキュリティー会社のネットエージェントなどが分析したところ、実際には国内にある百度のサーバーに情報を送信していることが分かりました。


つまり問題点は「外部に情報が送信されていること」というよりも、「拒否してもこっそり送信されている」という点にある。

その外部送信された情報、百度がなにかに利用するのではないか、百度の従業員が個人情報を第三者に転売するのではないか……といった危惧が思い浮かぶが、中国ではさらに斜め上をいく事態も起きている。それが「ググったらボクのパスワードがでてきたでござる事件」だ。

これは2010年に起きた事件だが、中国のセキュリティソフト・360が「危険なサイトなどを調べるため」ユーザーの入力情報を収集していたところ、設定を間違えてその情報がグーグルで検索できる状態になってしまったというもので大騒ぎとなった。中国IT企業の情報流出もたびたびあるだけに、百度に悪意がなくとも情報流出する危険性は残る。

■グレーゾーン=ホワイトや!超アグレッシブ企業、百度

百度といえば中国検索最大手にして、中国を代表するIT企業の一つ。だが、創立以来、一貫して「グレーゾーン?クロじゃないところは全部シロなんやで〜」というアグレッシブ精神を失わないのが特徴だ。まあ、今回の「拒否しても入力情報送信」は真っ黒だが。

中国ではもともとグーグルが検索トップシェアを占めていたが、中国政府による“わかりづらい検閲アタック”(1時間のうち30分はつながらない、2回に1回はつながらないなどなど)により、不便なサービスとしてシェア急落。そのすき間を縫って百度が台頭した。百度自身は「2文字1組で意味を取ることが多い中国語にはグーグルの技術は最適ではない」などと勝利の理由を説明していたが……。

百度の勝利を決定づけたのがMP3検索だ。これはネットにアップされた海賊版音楽ファイルが検索可能、しかも違法アップロードしたサイトを訪問しなくとも百度のページ上からその音楽を聴けるという便利すぎるサービスだった。当然のごとく訴えられたが、「うちがアップした違法ファイルではないでござる」と主張し勝訴。後に百度のサイトから直接音楽を聴けないように変更されたが、同社のシェアを一気に高める契機となった。

普通ならば大手企業になった後はおとなしくなりそうなものだが、百度はベンチャー的なアグレッシブ精神を失わない。グレー=ホワイト精神で数々のサービスを生み出していく。主力の検索業務で話題となったのが検索サイトのためにウェブページを収集するBaiduスパイダーだ。ウェブサイトは検索エンジンに登録されないよう設定することが可能だが、Baiduスパイダーは拒否設定していても強引に収集していく。さらにセキュリティが甘いサーバーだと、外部から見られないように設定されたファイルも漁っていく。そのため「百度で検索したら、自分のEメールの文面が表示されたでござる」という伝説も生まれた。

日中で大きな話題となったのがドキュメント共有サービス「Baiduライブラリ」(中国名は百度文庫)。ユーザーがアップロードした文書を不特定多数に公開するというサービスだが、ダウンロード数に応じてアップしたユーザーにはポイントが与えられたり、あるいは「部長さん」「社長さん」などの称号がランクアップするシステムが搭載されていた。中国の海賊版ファイル共有用のネット掲示板にはよくあるシステムなのだが、「社長さん」を目指すユーザーたちが怒濤のごとく、小説やらマンガやら人気がでそうなファイルをアップ。大手企業による海賊版普及システムとして輝いた。その日本版は公開直後に速攻で怒られサービス中止、中国版もメディアや世論の猛批判を浴びるという事態を招いている。


怖いよ怖いよ、支那産なんか絶対に使うな!
ラベル:支那 百度
posted by ! at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック