2013年12月26日

騒ぎ立てる方が悪い>安倍総理が靖国参拝http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000401-yom-pol

Yahoo:「安倍首相が靖国神社参拝…第1次内閣含め初

安倍首相は26日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。

 首相在任中の参拝は、第1次内閣を含めて初めてで、現職首相としては2006年8月15日の小泉首相以来7年4か月ぶりの参拝となる。首相は参拝後、戦争の惨禍を繰り返さないという「不戦の誓い」のために参拝したと記者団に語った。第2次内閣発足以来、首相は、外交問題化を避けるために参拝を自重してきたが、日中、日韓関係の改善が見通せないことから、政権発足から1年の26日、参拝に踏み切ったとみられる。中国、韓国が強く反発している。

 首相は午前11時30分過ぎ、同神社に到着。モーニング姿で本殿に昇り、参拝した。

 首相は参拝後、記者団に対し、「政権が発足して1年の安倍政権の歩みをご報告をし、二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代を作るとの誓い、決意をお伝えするために、この日を選んだ」と述べた。

 そのうえで、「中国や韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない。英霊の冥福をお祈りし手を合わせることは、世界共通のリーダーの姿勢だ」と語り、諸外国を含めて戦場で亡くなった全ての人々を慰霊する目的で靖国神社境内に設けられた鎮霊社にも参拝したことを明らかにした。

 来年以降の定期的な参拝の意向を問われると、「この場で話をすることは差し控えさせていただきたい」と回答を避けた。

 首相はまた、「恒久平和への誓い」と題した首相談話も、日本語と英語で発表した。

 首相は昨年の自民党総裁選や衆院選で、第1次内閣時代に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と述べ、首相在任中に参拝する意向を事実上、表明してきた。首相就任後は、参拝の時期については明言を避け、外交的な配慮から、春や秋の例大祭、8月15日の終戦記念日の参拝を自重。内閣総理大臣名の真榊(まさかき)や、自民党総裁名での玉串料の奉納にとどめてきたが、今回の参拝により支持者への約束を果たした格好だ。


騒ぐ事じゃないでしょうに
戦争などで苦労された方に首相が頭を下げに行っただけのこと
何ら問題は無い

外国が騒いだからといって、参拝を止める方がおかしい。どう考えても内政干渉じゃないですか?相手にする方が間違ってます

また、A級戦犯がなんたらっておきまりの文句もありますけど
日本国内においてA級戦犯はいないと国会において全会一致で決議されてます
だからこれも問題ない
ギャーギャー騒ぐ阿呆がいるから、陛下も表だって参拝することも出来ない

日本がまともになると困る人たちのせいで、大事なことができないままでいる
来年は、また一歩普通の日常に戻れるようにがんばっていきましょう!

神社への参拝が、これほど騒がれるなんて本当に異常
普通に毎日参拝すればいずれは日常になっていくんじゃないのかな?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000401-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:靖国神社
posted by ! at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック