2013年12月20日

反体制弁護士に振り回される裁判所>一票の格差判断http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000052-mai-soci

Yahoo:「<1票の格差>参院選東北5県も「違憲状態」 仙台高裁判決

「1票の格差」が最大4.77倍だった7月の参院選は法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、東北5県(青森、岩手、宮城、山形、福島)の住民と弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の判決が20日、仙台高裁であった。木下秀樹裁判長は「違憲状態」と判断したが、請求は棄却した。

 14の高裁・高裁支部で起こされた同種の訴訟で違憲状態としたのは仙台高裁が8件目。広島高裁岡山支部と大阪高裁は違憲と判断し、うち岡山支部は選挙無効の判断を示した。

 訴状によると、議員1人当たりの有権者数は最少の鳥取県と比べ、青森は2.37倍、岩手で2.26倍、宮城と山形で1.98倍、福島で3.37倍だった。


年末ギリギリまで続くんだそうですね
この反体制派、反日連中のお遊びに裁判所は付き合わされて気の毒だなと思いました


何度も言いますけど、人口比だけで割り出した議員数では
地方、特に過疎地と、都市部、中央との議員数で大きな格差が出てしまう事になります
それを勘案するためには、いろんな調整が必要だと考えられます
すぐに出る答えじゃないでしょう
時間をかけて、しょっちゅう議員数やら選挙区の区割りのやり直しをしないで済むようなシステムを作って欲しいものですよ
こんな事に時間をかけたら、それこそ無駄でしょう


違憲だから解散しろと言いたいのでしょうけど、それをやったらそれこそ国会の定数なんて決められません
バカじゃないの?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000052-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック