2013年11月20日

スペインの江沢民への逮捕状>賞賛できませんねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00000040-jij-eurp

Yahoo:「江沢民氏らに逮捕状=チベットでの「大虐殺」容疑―スペイン

スペインの全国管区裁判所は19日、中国の江沢民元国家主席(87)、李鵬元首相(85)ら政権幹部経験者5人の逮捕状を出した。1980〜90年代にチベットでの「ジェノサイド(大虐殺)」に関与した容疑とされる。
 AFP通信などによると、裁判所は刑事告発した人権団体メンバーにスペイン国籍を持つ亡命チベット人がおり、中国当局が捜査していないことを理由に逮捕状を出した。スペイン政府は対中関係で難しい問題を抱えることになりそうだ。
 人権団体は刑事告発で、江氏らがチベットでの「大虐殺、人道に対する罪、拷問、テロ」に責任があると主張。裁判所は「当時の政治・軍の高官が関与した疑いがある」との見解を示した。 


チベットへの大虐殺を考えたら当然と考えますが、
賞賛する声が多いですけど、本当に良いのでしょうか?

非難するまでは問題なく誰でもしてもいいとは思います
でも法的に拘束する行為というのはやっぱり、その国の中だけでの権利ではないかと思うわけです。法が国を超えて作用できる訳じゃないんでしょ?

何で日本でやらないのか?ヘタレだと言いますけど、それやったら国際問題になってしまうからでは?
一種の内政干渉行為じゃないかと考えるわけです


逆に支那が日本の誰かを訴えて無理矢理拘束しようとしたら納得できるのかなと
その罪が本当に有罪か無罪かはともかく逮捕することが許されるのかどうかって考えたら、スペインのこの判断は無茶でしょうって思うわけです

外国からの主張を真に受けて国民を渡しちゃうような国はどうかと思いますし求める方も問題有りじゃないのかなぁ。ましてスペイン国内で犯罪を犯して逃げた訳じゃないんですし

スペインの司法も、どこか逝かれてしまっている感が強いですね

確かに江沢民とか捕まれば良いなと考えなくもないですが、だからといってそういう手段が良いとは思えません

TPPもそうですけど、独立国家の主権を越えて作用する行為はダメだと思いますよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131120-00000040-jij-eurp


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック