2013年11月15日

年寄りを一人にしないようにするには?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131115-00000021-mai-soci

Yahoo:「<犯罪白書>65歳以上の高齢女性の万引き急増 刑務所へも

法務省は15日、「女性の犯罪・非行」を特集した2013年版の犯罪白書を公表した。昨年、刑法犯で検挙された65歳以上の高齢女性は全年齢層の27%を占め、1993年の6%から20年間で大幅に増えた。特に万引きで検挙される高齢女性が目立っている。

 白書によると、昨年の女性刑法犯6万431人のうち65歳以上は1万6503人で、万引き(窃盗罪)が82%(1万3482人)を占めた。高齢男性の刑法犯のうち万引きは47%で、女性の方が際だって高い割合だった。

 昨年、窃盗罪で刑務所に入った高齢女性は、やはり全罪名の82%に相当する234人。93年の18人から13倍に増え、万引き常習者が相当の割合になるとみられる。

 万引きを含む窃盗には、薬物や性犯罪のような全刑務所共通の改善指導プログラムがなく、個々の施設が独自の再犯防止指導をしている。全国の9女子刑務所のうち、独自の指導をしているのは5施設。法務省矯正局は「高齢女性の窃盗の背景にはさまざまな要因があり、全国一律のプログラムは難しい」としている。

 太田達也・慶応大法学部教授(刑事政策)は「高齢女性の犯罪増加の背景は経済的困窮や福祉の問題だけでなく、家族や近隣、行政から孤立し、心理的な閉塞(へいそく)感とともに支援を受けられなくなっていることが考えられる。万引きなど比較的軽い罪で起訴猶予となる者も、刑務所から釈放される者も、社会の中で孤立しないよう見守る仕組みが必要だ」と指摘している。


核家族化が進んだりとか、社会情勢が変わることで
孤立化する年寄りが増えたことも大きな影響があるのは否めないでしょうね

核家族化をただ否定するものじゃないですけども、
たとえ昔のままの大家族制でも、たぶん右肩上がりの経済成長が望めない今、
家族みんなで稼がないとならない以上、年寄りは家庭において孤独になるのは止められなかったかもしれません

なんというか社会の中で世代別に分断しちゃっているような気がしてなりません
そんな中で年寄りが話し相手がいなくて、その寂しさを紛らわすために犯罪にというのも一つの結果なのかなと思いました

社会の中で年寄りを孤独にさせないと言っても、それぞれがどこまで家庭での時間を確保出来るのかというのが課題でしょう。行きすぎた個人主義、自由主義の中ではとっても難しいことかも
みんな年寄りの面倒をするより自分のことにかまけていたいものね
それ以前に稼がないとならない、というのも重大な問題なのではありますが


なんにせよ今のまんま若い世代が年をとっていくことは怖いでしょうね
今はまだギリギリ若い世代が年寄りを支えていられますけど、この先少子化が進めば誰が、将来年寄りの面倒を見てくれるのか?

将来の年寄りが孤独のまま、のたれ死ぬ光景が目に浮かびます
国に助けて欲しいけど、その頃日本という国が残っているかどうかも怪しい


国の基本である家族の事をもっと安倍総理が考えてくれるかと思ったけど、なかなかやってくれそうもなくて残念です。新自由主義者に負けないで欲しいんだけどなぁ
家庭のことを余裕もって考えられるような国にして欲しいのですよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131115-00000021-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック