2013年11月14日

自衛のために武器を持って何が悪い?headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131114-00000130-san-pol …

Yahoo:「民間人の銃武装容認 海賊対応特措法成立

アフリカ・ソマリア沖などの海賊に対応するため、日本船籍の船舶に小銃で武装した民間武装警備員の乗船を認める日本船警備特措法が13日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。銃刀法に特例を設け、民間人の武器所持と使用を認める初のケースとなる。

 政令で別途、指定する「海賊多発地域」内での武装を認め、ソマリア沖のアデン湾やアラビア海などが対象となる見通し。海運会社が外国警備会社と契約する形を想定しており、警備員は海賊船への警告射撃のほか、正当防衛や緊急避難に限って対人発砲も認められる。

 ソマリア沖では2011(平成23)年に237件の海賊被害があったが、自衛隊など各国艦艇のパトロールが奏功し、今年は10月初旬までに10件と被害が激減。一方で、海賊の活動範囲が警備の厳重な海域を避けるように拡大しており、欧米などの船舶で武装警備員の導入が進んでいた。


自衛隊の天下り先とか、よくもまー愚かなことを思いつけるモンだと感心する書き込みを見かけました

もちろん自衛隊が率先して海外に出て国民の命を守るために武器の使用が認められていれば問題ないのですが、サヨクの皆さんなどが厳しく制限するように訴えておられるのでこういう羽目になるわけです

自分の身を守るために武器を使って何が悪い?
話が通じない相手に立ち向かうことなく、黙って殺されろというのがサヨクの主張のようなので本当に困ったものです

そんな中しばらく前にソマリア海域をピースボートの船が通過する際に海上自衛隊に護衛を依頼したことがありましたよね
お得意の9条を掲げて通過すれば大丈夫だったんじゃないですか〜?と今でも言ってやりたくなるくらい胸糞話。さんざん侮辱してきた自衛官に護衛してもらった感想はどんなものだったんでしょうかね?
結局武力に勝る自分の命を守る手段は無いって事です。日本国内は別として国際社会とか問答無用、弱肉強食の世界ではそんなものですよって事で

自分の命を守るためには、ありとあらゆる手段を尽くす事を認めるべきではないでしょか?
認められない連中は、出かけるときも家に鍵かけず、窓も開けっ放しで出かけたら良いと思いますよ
何かあっても知りませんが


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131114-00000130-san-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック