2013年11月12日

いずれは正していきましょう>嫡出子と非嫡出子が平等なんて大笑いな民法改正http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000016-mai-soci

Yahoo:「<婚外子差別>撤廃法案、閣議決定 民法改正、今国会成立へ

政府は12日、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を、法律上の夫婦の子(嫡出子)の半分とする規定を削除する民法改正案を閣議決定した。近く審議入りし、今国会中に成立する見通し。改正法は成立後、数日で施行される。

 一方、出生届に「嫡出子」か「嫡出でない子」(婚外子)かの記載を義務付けた規定を削除する戸籍法改正案については、自民党内に「司法で違憲判断されておらず、改正は不要」との意見があり、同党の了承を得られなかったため、今国会への提出を断念した。

 閣議決定した民法改正案では、「嫡出でない子の相続分は、嫡出子の相続分の2分の1とする」と定めた900条4号の該当部分を削除した。改正後の民法は、最高裁がこの規定を違憲と判断した翌日の今年9月5日以後に開始した相続から適用するとしている。

 婚外子の相続格差規定の削除については、保守派議員の反発で自民党内での法案了承に時間がかかったが、民主党などの野党側は法改正に賛成しており、国会審議は円滑に進むとみられる。

 谷垣禎一法相はこの日の閣議後の記者会見で民法改正案について「一日も早い成立を目指したい」としつつ、戸籍法の改正について「司法で違憲判断されておらず、急ぐ必要はないということでこうした結果になった」と述べた。


ひとまず戸籍は守られたのでよしとしておくしかないと思います
いずれは自主憲法を制定し、この様なふざけた最高裁判断を改めていかないとダメでしょう
それだけサヨク勢力が司法界に入り込み、日本の秩序を破壊しようとしていることを思い知らされたということです
この現実を踏まえたら、すぐにでも憲法を改めるというのも難しいことがよくわかります
それだけ日本がおかしくなっているということですよ!

最高裁がおバカな判断をしなければ、こんな事にならなかったんですけど、裁判官も汚染されているということ


日本を大事にするということで、最優先すべきはやはり教育からということになりますでしょうね
ゆがんだサヨク的な考えを一掃していくためには、家庭でのしつけ、教育ということが大事になっていくでしょう
数十年先を見据えてやっていくしかないですね


道徳教育の中で、教育勅語とか大事なことを復活させたって良いと考えます
日本のための、日本らしい教育、秩序を地道に整え直していくしかないでしょう

でも、手始めにとにかくやっていくべきは
結婚しないで子供を作ることは許されないという風潮を高めていくしかないでしょう
不倫とか浮気とか、あり得ないし、出来婚とかもダメとかしていかないとダメですがな

秩序とか規律という、”たが”が緩んだら元へ戻すのは本当に大変


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000016-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック