2013年11月12日

国防に関わる方々ですから、このくらい厳しくても良いと思いますhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000013-asahi-pol

Yahoo:「機密扱う自衛隊員に身上調査 防衛省、思想や交友関係も

防衛省が、防衛秘密を取り扱う自衛隊員の適格性を判断するため、交友関係や思想信条などの個人情報を記入する「身上明細書」を隊員に提出させていたことが分かった。朝日新聞が資料を入手した。必要に応じポリグラフ(うそ発見器)の検査を受ける誓約書の添付も求めている。

 衆院で審議中の特定秘密保護法案では、特定秘密の取扱者に対する適性評価の調査項目として、犯罪歴や飲酒の節度、経済状況を設定している。防衛省の調査項目と重なる部分があり、こうした身上調査が拡大する可能性もある。

 朝日新聞が入手した身上書は、本人の日本国籍取得の有無や海外渡航歴、配偶者・親族の国籍や住所、交友関係や所属団体、借金の有無、精神疾患の治療歴など19項目にわたり、隊員本人の住所は過去10年間分を要求。

 交友関係では友人や交際相手も含め、氏名、国籍、住所、生年月日、職業・勤務先に加え、「カラオケ仲間、つり仲間、相談相手」など関係性も記入。所属団体については過去も含めた所属クラブや宗教、趣味なども尋ね、「ラジコン飛行機同好会」「座禅による精神修養」「草野球」などを例示し記入を求めている。


国を守りたくないとか、日本を滅びしたいとか思っている人が、
この朝日新聞の記事のように騒ぎ立てるんだと思いますよ

この国を守る人がちゃんとしていてくれないと困りますし、
国防上の秘密が外へ流れるようなことがあっても困ります
最上級の人間でいてくれないと困るわけですから、このくらいの調査大したことじゃないでしょう

良くも悪くも公僕っていうのは、そういうものだと思います
その代わりいろんなところで、最上級の待遇があって然るべきだと考えますよ
今は国民の嫉妬の対象になっていてものすごく気の毒です

国に身を捧げた人たちであって欲しいと思います
だから国歌国旗に敬意を払えないような下衆な人たちは公務員にならなくてよろしい
当然外人が公務員になれないのも当たり前

国家公務員の給与を下げ続けた処置が止まるらしいと聞きましたが、是非実行して欲しいですし、むしろ給与アップして差し上げて欲しいです
自分らができないことをやってくださるのですから当然でしょうね

自衛隊隊員の方はもちろん、他の公務員だって同じ事
日本のために殉ずることを念頭に働いてくださることを前提に、良い待遇であって当然
だからこそ日本国民であることが最低限の資格であり、日本のためにならない考えを持った人が公僕にいてもらっては困ります

日教組教師とかね

自衛隊の場合、支那人を嫁にもらって、機密を漏らしたと言うことがあったわけですから、そういうバカな結婚をされたら困るという事でのチェックはしていてくれないと困りますよ。よりにもよって支那人は無いだろうと思うんですけどねぇ。支那にしろ朝鮮にしろ日本をダメにするためにがんばっている連中と仲良くしましょうは愚かすぎますからね
避けて当然の存在


というわけで、国防というもの、国家機密を重要視する以上、やむ得ない処置ですから、
また朝日が騒ぐ時点で正しい行為だと言えますよ!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131112-00000013-asahi-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック