2013年11月09日

サヨク脳は、良いことは自分のおかげ、悪いことは人のせいにするhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131108-00000003-pseven-soci

Yahoo:「山本太郎 大島ボランティアの態度とマスコミ批判に疑問出る

天皇陛下に直筆の手紙を手渡したことで、大きな騒動となっている山本太郎・参議院議員(38才)。92日での離婚、隠し子、「ベクレてる」発言など、物議を醸す言動を繰り返してきた山本議員だが、10月末、台風26号の被災地となった東京・伊豆大島のボランティアでもそんな行動は健在だった。

 自衛隊が必死に救助を行っているなか、山本議員はヘルメットもかぶらず、パーカを脱いでTシャツ姿で歩き回った。これには現地で「お散歩にしか見えない」「コンビニに行くような格好で来ること自体が全く真剣味に欠けてる」などと非難された。ボランティア関係者は語る。

「ボランティア参加者の書き込みから、“ボランティアたちが無料で寝る場所を確保しろ”と山本さんが社会福祉協議会に怒鳴り込んだという話も広まりましたよね。山本さんはブログに“モンスターボランティア議員”と題し、そのような言い方や振る舞いはしていないと否定したものの、“町がスペースを確保してくれれば、寝袋持参などで来やすくなる。宿泊費が必要というハードルが下がれば助かる、とご意見を受け、町長にお会いさせて戴いた”と書いています。

 でもこれまでの彼の無責任で非常識な言動を考えれば、どちらの話に信ぴょう性があるかということですよね。そもそも、宿を確保して参加するというのはボランティアの基本なんですから」

 与野党の議員から猛批判を浴びる中、11月1日、参院議院運営委員会の岩城光英委員長(63才)は山本議員を呼び出して事情聴取を行った。

「申し訳なく思う」と言いながら、その後集まった報道陣に、「マスコミが騒ぐことによって政治利用にされてしまう」と堂々の責任転嫁。さらに5日の事情聴取では「自ら辞職しないし、特にけじめをつける考えもない」と述べた。政治ジャーナリストの角谷浩一さんは山本議員の姿勢についてこう嘆く。

「彼は今回の行動はあくまでも私人の行動だと言い張っていますが、そもそも園遊会に招待されたのは国会議員だからです。そして彼が参院選で当選できたのは、これまでのタレント活動や反原発活動をマスコミが取り上げて広めてきてくれたおかげ。にもかかわらず、今回のように自分への批判が集中すると今度はそれをマスコミのせいだと責任転嫁してしまった。これでは本末転倒じゃないですか」

※女性セブン2013年11月21日号


こんなのを選んだことを本当に恥じて欲しいものだと思いますよね

知識も分別の無いお子ちゃまが、そのまま大人になって国会議員になっていることにあきれます
次当選しないことを祈るばかりですよ


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131108-00000003-pseven-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 17:42| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このテロリスト議員山本太郎ですが、
現行法の範囲でも強制辞職に追い遣れる法案があるらしいです。

此方様の記事↓の受け売りですが、
http://ttensan.exblog.jp/19926369/

一寸抜粋転載。
>>
参議院規則第245条では
-----
第245条 議院を騒がし又は議院の体面を汚し、その情状が特に重い者に対しては、登院を停止し、又は除名することができる。
-----

とあります。
議員の対面を汚しその情状が特に重い者に対しては除名することができます。

今回の山本太郎の暴挙(しかも後から来て割り込みとかも含め)は
見逃せば悪しき前例となります。
改めて他の議員に山本太郎の除名処分を要求していきましょう。
<<

とはいえ、今国会は秘密保全法案など国防に直結する法制定の成立も掛かった中での鮨詰め日程なので、山本太郎追放の為の審議で日程を浪費したばっかりに流会と不成立にされたらそれはそれで大打撃と言う綱渡りな一面もあるでしょうから、

管理人様の仰るように選挙民の民度を高めて
確実な落選に追い込む風潮の育成と併せて
各議員に計画的な参議院規則第245条の執行を要請する意見陳情を行なうべきかと。
Posted by unknown_protcol at 2013年11月09日 20:17
いつもいろいろありがとうございます。
そうなんですよね、日程もありますし、
他野党とどこまですりあわせができるかというのも問題かなと思ってます。
なんにしても政治を人任せにせず、国民の意識の向上が望まれる案件ではないかと考えるところです。
Posted by !@管理人 at 2013年11月11日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック