2013年11月08日

個人情報を引き出すにはやっぱり不便な方が良いhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000013-jij-soci

Yahoo:「各自治体から個人情報=今春だけで30件超―調査会社、1件数万円で提供・愛知県警

千葉県のガス会社の顧客情報を不正取得した容疑で逮捕された調査会社の実質的経営者小浜博敏容疑者(59)らが、今年春ごろの短い期間だけでも各地の自治体から30件以上の個人情報を取得した形跡があることが8日、捜査関係者の話で分かった。愛知県警は、住民やその家族を装って電話をかける手口で、本人らの氏名、住所といった情報を役所の担当者から引き出していたとみて調べている。
 小浜容疑者らは2012年11月に神奈川県逗子市で起きたストーカー殺人事件の直前、被害女性の住所を逗子市から入手した疑いもあり、愛知県警が捜査している。
 県警によると、小浜容疑者は探偵業者などから1件数万円で依頼を受け、民間企業だけでなく、東北から九州まで広範囲の自治体に電話。住民とのトラブルが起きやすい納税窓口に苦情を申し立てるなどし、個人情報を入手していた。
 12年9月に摘発された別の調査会社からは、3年間で約900件の調査を受注したことも確認されている。
 

こうやっていとも簡単に個人の情報を引き出されたのではかないません

法改正によって、引き出し手順をより面倒なものに改悪して欲しいですね

本人なら別ですけども、家族親族であっても本人の書面による許可がなければダメとか、弁護士が介在しなければダメとかしなければ、ただ漏れじゃないですか

こんな具合で調査会社が引き出しているようではダメすぎです
もちろん弁護士だってピンキリ、最近のサヨク弁護士、いわゆる人権派弁護士とかろくでもない連中には関わられたくはないですけどね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131108-00000013-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:個人情報 流出
posted by ! at 19:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック