2013年11月05日

まずは正当な権利者を守ることを優先すべきでしょう>非嫡出子問題http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000010-mai-pol

Yahoo:「<自民党>婚外子や成人の年齢めぐる法改正に保守派猛反発

自民党の保守系議員が、結婚していない男女間の子供(婚外子)の遺産相続の配分を夫婦の子供と等しくする民法改正案や、改憲手続きを定めた国民投票法改正案の了承を得ようとする党執行部への反発を強めている。背景には、安倍晋三首相が「現実路線」に傾斜していることへの危機感があり、両法案の取りまとめは難航している。

 保守系議員が強く問題視しているのが民法改正案。最高裁が「現行法の婚外子の遺産相続は半分との規定は違憲」とした決定を受けたものだが、保守系議員は「家族制度を破壊する」などと猛反発している。

 民法改正に反対する西川京子副文部科学相や木原稔防衛政務官ら中堅の保守系議員約20人は先月24日、「家族を守る勉強会」を発足。国会内で開いた初会合では、永岡桂子衆院議員が「最高裁の決定を受けて内閣は民法を変えようとしているが、こんな理不尽があっていいのか」と強調。出席者からは最高裁決定に対し「司法の暴走だ」などの声も相次いだ。今後は法律婚を尊重するよう求めていく方針を確認した。

 国民投票法改正案にも反発が強く、1日の自民党憲法改正推進本部の総会では、保守系中堅議員が「安倍内閣にも大きな損失だ。国の命運がかかっている」と執行部にかみつき、改正案の了承手続きは先送りとなった。

 改正案は、投票権18歳への引き下げに加え、成人年齢18歳への将来的な見直しや、公務員の政治的行為の制限緩和などが柱。公明党などと調整したうえでまとめた法案だが、保守系議員らは「成人年齢20歳」を前提に確立している社会システムの破壊や労働組合の活動助長につながると反発。「他党との調整を優先しすぎだ」と不満を募らせる。

 保守系議員には、首相が靖国神社参拝を秋季例大祭でも見送るなど保守色を薄め、経済対策など現実路線を優先していることへの不満が蓄積している。保守系議員は「『戦後レジームからの脱却』を掲げた第1次政権も途中から現実路線になった。今回もそのうち不満が出始めかねない」と漏らす。

 首相が会長を務める超党派の保守系議員のグループ「創生日本」幹部も「靖国参拝しない会長では意味がない」とけん制し、「保守回帰」への圧力を一層強めている。

 だが、保守系の反発で政権の足元が揺らげば、首相が保守色を打ち出しにくくなりかねないジレンマも抱える。党幹部は「党内争いと映れば支持率が落ちる」と困惑する。


まず優先すべきは法に従って結婚し、その妻との間に生まれた子供たちが一番大事
だから、正妻、嫡出子が守られるのが当然

よその子供を守るのは二の次に決まってましょう
現状まったく保障されない訳じゃないのですし


にもかかわらず、かわいそうだからとか差別だとかそんな程度の理由で、こんな騒ぎになってしまう昨今の風潮が本当に怖いですね
もっとも最高裁までもがゆがんでしまったことが大問題なのですが

ゆえに少しでも早く自主憲法の制定ができるような社会になっていきたいものですが、教育改革から始まっていくとなると百年単位で考えないと無理かしらね?
モラルも何もない連中が憲法を変えるのが嫌みたいですし、そういうのが増えてしまっているから、簡単にはいかないでしょうから

さて、民法改正は最高裁の要請がある以上避けられないでしょうけども
その最高裁の判断が間違っている以上、守るべきを守ってくれるような法改正であって欲しいと思います。そのために皆ががんばって、草の根の活躍で、自民党の保守派議員を生み出したわけですから当然の活躍じゃないかと思いますし、がんばってくれるなら応援するしかない

世の中の秩序を乱すような法改正だけは許せませんので
だって、子供が欲しければちゃんと結婚して、夫婦間で子供を作れば良いだけのことなのに、結婚しないで子供を作るなんて論外でしょ?法で決められている以上、それを守らないのはナンセンス

その結果生まれた子供に罪はないとはいえ、その子の存在を認めてしまったら結果として、親の不適切な行為を認めることになってしまう以上、こういう動きが出てくるのは当たり前のこと。それを批判する連中は下衆以外何ものでもない!非嫡出子を婚外子と言葉でごまかすけど、結婚しない子供は法律外の存在なのですから法で規定するまでもないこと。その家族内で決定すればいい。特殊な事例を一般国民まで巻き込んですることじゃないはず

許されないことを許すようにしてしまう最高裁の判断は狂ってるとしかいいようが無いじゃないですか・・・


正しいことをしている人たちが報われなくなる世の中にだけはして欲しくないですね
個人間のもめ事を国の課題であるかのようにするのは変だと思います、本当に

男女に限らず結婚しないで子供を作ることが異常、という風にしてくださいよ、本当に!

当然浮気、不倫は男女を問わず厳罰に処すべきでしょう

性のモラルをもっと厳しくしてくれないかな?
ここ最近すごく緩くなったと感じてます
できちゃった婚が認められたことが一番の間違いでしょうね
最終的に結婚するのですから、良いかなと思いつつも
やっぱりするのは結婚後でしょ?と

男女を問わず下半身が緩い連中に正義無し

家庭があって、まともな人生が送れると思いますよ

一部の変人の事例を持って独り者でも問題なしというのは、ナンセンス


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131105-00000010-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック