2013年11月04日

少しでも不幸が減りますように>アルツハイマー根治薬できるか?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131104-00000242-yom-sci

Yahoo:「アルツハイマー研究、根治薬・仕組み解明へ期待

厚生労働省の研究班(代表・森啓(ひろし)大阪市大教授)は、今月から、アルツハイマー型認知症の予防や根本治療薬の開発につながる調査研究に乗り出す。

 アルツハイマー型認知症をほぼ確実に発症する家族性アルツハイマー病の患者や家族の実態調査を実施。この病気の遺伝子を持つ人を対象にした国際研究「DIAN(ダイアン)」に参加することで、アルツハイマー型認知症全体の発症メカニズムの解明や創薬が期待される。

 全国の認知症高齢者は、推計で約462万人。主な認知症には数種類あるが、記憶障害が主症状のアルツハイマー型が最も多く、全体の約7割を占める。海外の研究によれば、家族性アルツハイマー病の遺伝子を持つ人のほぼ全員が発症し、発症の時期も40歳代、50歳代などが多い。世界では、遺伝子を持つ家系は約520見つかっているが、日本での実態は不明だ。


本人だけではなく、家族はもちろん周囲がとっても不幸になる病気
少しでも回復できるようになって欲しいものですよ

そのためにも研究者に潤沢な研究資金が回るような世の中であって欲しいものです
いつまでも不景気なままでは研究できないし、薬ができても庶民には買えないままになってしまいます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131104-00000242-yom-sci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック