2013年10月31日

ウィグル弾圧を強める支那と、それに同調する反日メディアhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131031-00000026-jij-cn

Yahoo:「ウイグル独立派弾圧強化へ=「社会安定」誇示―天安門「テロ」捜査継続・中国

中国の習近平指導部は、北京市の天安門前に車が突入・炎上した事件を「計画的・組織的なテロ」と断定し、新疆ウイグル自治区出身の5人の容疑者を拘束したことで、ウイグル独立派への弾圧を強化する方針だ。中国メディアからは「反テロの力を引き上げるべきだ」(北京紙・新京報)との論調が相次いでおり、11月9〜12日の共産党第18期中央委員会第3回総会(3中総会)を控え、社会安定に向けた断固たる決意を内外に誇示する狙いだ。
 30日の北京市公安局の発表によると、突入して死亡したウイグル族一家3人の車からはイスラム原理主義スローガンが書かれた旗が発見され、逃走していた5人のアジトからは「聖戦」の旗などを押収。公安局は独立派による組織的犯行とみて、「実行犯と共謀してテロを計画・実行した」と自供した5人を追及、さらに共犯者がいるかなど「捜査を継続」(公安局)する。
 一方、独立運動が活発な同自治区のホータン、トルファン両地区などでは事件が発生した28日以降、「パトロールが強化された」(ホテル従業員)という。
 共産党系紙・環球時報は「新疆を発着する航空機の安全検査はさらに厳しくなり、新疆の人々は(事件の)影響を受けていると感じる機会は増えるだろう」として、引き締め強化はやむを得ないことを示唆。「不審」というだけでウイグル族が次々に拘束されるなど人権侵害への懸念も高まっている。
 

支那には人権というのはないし、逆らうものには容赦しないという
共産党独裁政治の恐怖があることが、こういうことからわかる訳なのですが
日本のメディアは支那の言い分をそのまま垂れ流すようで、圧政に苦しめられているのにもかかわらずそれを助けようとしないばかりか、悪辣なテロリストであるかのように報道しちゃうわけです

つまり支那の覇権主義に同調しているわけですね。だからこそ支那に立ち向かう安倍政権にもケチをつけるわけです

メディアにどのくらい反日分子が入り込んでいるかわかりませんけど
支那が周辺の少数民族に暴虐の限りを尽くしていることを、日本ではもっと広めて、そういう人たちを助ける意味でも支那の横暴に本来ならメディアも含めて立ち向かっていかないといけないと思います

それができていないからこそ、メディアに規制を行うべきだと思うんですよ
勝手気ままにやっていたら、タダの支那の宣伝期間でしかないです
NHKもしかり


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131031-00000026-jij-cn


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック