2013年10月29日

支那共産党独裁政権に苦しめられている他民族を救う手立ては?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000028-mai-cn

Yahoo:「<天安門車両突入>共産党統治に不満持つ少数民族か

中国・北京市中心部の天安門で28日、車両が歩道に突入し5人が死亡、日本人を含む38人が負傷した事件で、共産党統治に不満を持つ少数民族が抗議の意思を示すために天安門に突っ込んだとの見方が浮上している。中国版ツイッター「微博」には公安当局が事件当日に市内の宿泊施設に情報提供を求めたとされる通知文を写した画像が出回り、当局がウイグル独立派が関与した可能性を視野に捜査を進めている様子がうかがえる。

 微博に投稿されたのは、北京市の治安管理総隊が28日に市内の宿泊施設に出した「違法車両の手掛かり内偵工作の即時展開に関する通知」の画像。そこには「28日にわが市で重大事件が発生した」と記したうえ、容疑者として、新疆ウイグル自治区に戸籍登録するウイグル族とみられる男2人の氏名と個人情報が書かれている。

 また、違法容疑車両として、新疆ナンバーの小型四輪駆動車4台のナンバーも掲載されている。そのうえで「10月1日以降の宿泊客や駐車車両を調べ、手掛かりがあれば、直ちに当局に届けてほしい」と捜査への協力を求めている。

 通知に記されていた治安管理総隊関係者とみられる人物は毎日新聞の取材に「容疑者の人定などは公安省に問い合わせてほしい」とだけ答えた。

 うち1人の本籍地として記載された地域は今年6月、治安当局と武装グループの大規模な衝突があった場所。同自治区内では今年に入り民族問題に根ざす衝突が相次いでいる。

 現場周辺では一夜明けた29日朝、通常より多い警官やパトカーが出動し、不審な動きに目を光らせた。車が進入した幹線道路「長安街」北側歩道の入り口の一部が封鎖される一方、清掃車が行き交って路面を洗っていた。

 国際情報紙「環球時報」は29日付の社説で事件を取り上げ「事件がテロと関係があるかは分からない」と前置きしたうえ「テロリストや、社会への報復を企てる極端な者の中には、有名になるためにこうした方法を考えることはあり得る」との見方を示した。


という具合で、支那の共産党独裁政権によって苦しめられている民族は多いわけです

だから、支那と仲良くなんてできるわけもないでしょう
支那にしてみれば日本も、その圧政対象の一つにしようとしているわけでしょうからね

日本としたら国を守るために最大限努力をしなければならないのに、支那にご機嫌を伺うような愚劣な連中が存在することにおぞましさを感じますよ

あちらの少数民族の方の方が、まだ支那に立ち向かう勇気があるだけマシだと思いませんか


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000028-mai-cn


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック