2013年10月17日

規制解除が良いとは思わないな>雇用規制緩和特区はどうなります?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00001460-yom-pol

Yahoo:「雇用規制緩和特区、断念へ…厚労省の反発に配慮

政府は16日、成長戦略の柱に位置づける「国家戦略特区」で導入する規制緩和について、焦点となっていた「解雇ルール」など、検討してきた雇用に関する全3項目を見送る方針を固めた。

 安倍首相は16日、首相官邸で菅官房長官、甘利経済再生相、新藤総務相と協議し、こうした方針を大筋で了承し、詳細を詰めるよう指示した。

 地域を限定して大胆に規制緩和を進める「国家戦略特区」での緩和項目を巡っては、政府の国家戦略特区ワーキンググループが選定作業を進めてきた。

 雇用については、外国企業や新興企業が進出しやすくすることを目的に、〈1〉労働者と経営者間で解雇の条件を事前に契約書面で決める「解雇ルールの明確化」〈2〉有期契約で5年超働いた労働者が本来、無期契約を結べる権利をあらかじめ放棄できる「有期雇用の特例」〈3〉一定水準以上の収入がある人の残業代をゼロにできる「ホワイトカラー・エグゼンプション」導入を視野に入れた「労働時間ルールの特例」――を提案した。

 いずれも労働者の権利保護を掲げた労働契約法などを根本から覆す内容で、厚生労働省は「労働規制は全国一律でなければ企業競争に不公平が生じる」などと反発してきた。野党からも「解雇特区」などとして、臨時国会で政府に対する攻撃材料にしようとする動きが強まっていた。


労働法なんてナンセンスという声もありますけど
だからといって、将来設計を描くためには安定した雇用が必要であり、
簡単に解雇できるような形には同意するわけにはいきませんね
守るべきは労働者の地位ではないでしょうか?

ただ、使えない人間を切り、有能な人間を雇いやすくする形が必要だという声も理解しないといけないとは思いますが。その切られた人をどうするのか?それ以前に使えない人間を作らないようにするにはどうしたらよいのか、この辺の議論も同時進行させてからなじゃないのかな?

もっとも最近のわがまま一杯に育てられた人たち、年齢に関係なくその手の人間は多いようです、そんなのが増えたら企業は使いにくくてしょうがないでしょうね。ツイッターで数多く発生した馬鹿な行為を写真に納めてアップする連中を雇ってマイナスイメージをつけられたそりゃ困るでしょうから
そういう常識外れな馬鹿への躾けや教育をどうするのか、それこそ教育改革から進めていくしかないかもしれません

働く意義とかそういうものをしっかり体に刻み込まないといかんのではないでしょうか?

さておいて
企業論理だけで事を進めず、働く側との調整をして欲しいものです
無職の人間を多数作り出す前に、雇用を確保しておくことが一番大事だと思うのです

それに外人の労働者を輸入することにもつながるTPPにも反対
国民の安心な生活は、安定した雇用ではないでしょうか?
もちろんそのためには企業が安定した稼ぎを得ていることも大事なのはわかってるつもりです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00001460-yom-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック