2013年10月14日

食べ物を無駄にしないように>賞味期限を延長http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000069-san-bus_all

Yahoo:「包材改良、賞味期限を延長 納期緩和で食品ロス減らせ

まだ食べられる食品が廃棄される「食品ロス」を減らすため、賞味期限を見直す動きが広がっている。食品メーカー各社が、期限延長のための技術開発に取り組んでいるほか、食品ロスの一因とされる流通業界の慣習を見直す動きも出ている。賞味期限の延長は利益率改善につながるだけでなく、東日本大震災を機に高まる備蓄需要の開拓も期待できるとあって、業界の垣根を越えた広がりを見せている。

 即席麺メーカーなどで構成される日本即席食品工業協会は8日、来春をめどに即席麺の賞味期限を延長すると発表した。包装材の技術改良が進み、品質が維持できることを確認したという。現在6カ月が主流の袋麺は8カ月、カップ麺は5カ月から6カ月に延長される見通しだ。

 メーカー各社も同様の技術革新に余念がない。江崎グリコは昨年、温めずに食べられるレトルトカレーの賞味期限を2年から3年の延長に成功。ハウス食品も今年、ゼリータイプの調味料の包材を遮光タイプに変更し、賞味期限を9カ月から1年に延長した。

 国内で年間500万〜800万トン発生するとされる食品ロスの削減に向けて、食品流通業界の慣習にもメスが入る。

 メーカーや卸は製造から賞味期限までの最初の3分の1の期間内に小売りに納品することが求められる。この「3分の1ルール」と呼ばれる慣習を見直すため、流通や卸、食品メーカーで構成されるワーキングチームが昨秋に発足。賞味期限が最初の2分の1でも納入できるよう緩和する実証実験を進めており、年内にも中間報告をまとめる方針だ。

 流通経済研究所の石川友博主任研究員は「納品期間を過ぎて卸から返品された商品や、メーカーから出荷できないまま納品期間が過ぎた商品が廃棄につながる。廃棄が減れば、メーカーは利益率の改善が図れる」と意義を強調する。

 一方、国の中央防災会議が南海トラフ巨大地震対策の最終報告書で「家庭で1週間分以上の備蓄」を求めるなど、防災食の需要が高まっている。今年2月に賞味期限を1年延長したカゴメの缶入り野菜ジュースは4〜9月の販売数が前年同期比2倍になったという。即席麺最大手の日清食品も「家庭で保存できる期間が伸び、防災食としてニーズが高まる」(広報担当者)と話し、需要創出効果に期待している。


これ大事かなと思いました
食べられるものなら、限界まで期限を延ばすべきであり、
家庭でも無駄になるような買い方はしないとか食べ物を大事にする考え方をもっと当たり前のこととすべきでしょう

いただきます、という言葉の意味
他の生命をいただいて生きるという事も普及したらいいと思いますね
せっかくの食べ物を捨てるって事は、植物であっても動物であっても無駄死にさせるって事ですから、もっとも忌むべき事でしょう

また、食料の自給率が低い日本
他国から金にあかして買い漁っているわけです
日本が買わなければ、もっと食べ物に困っている国に回すことができるかもしれません
捨てることを考えたら、無駄に買ってくることを止めるのも一つの考え方かも?
でも、それによって食料の価格が上がる可能性はあるかもしれません
それはそれでしょうがない?

また、遊休農地を太陽光パネルに置き換えたりしているところがありますが、国内で食料生産をする重要性を考えたら太陽光パネルの設置は良いこととは思いません。遊休農地といわずに食料生産に使うように働きかけていくべきじゃないのかなぁ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131014-00000069-san-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック