2013年10月05日

さすがは赤い大地って事か?>JR北海道薬物検査拒否http://t.co/goMsZzcE3W

産経新聞:「JR北海道、運転士の薬物検査拒否 社内体質改善に消極的

運転士の覚醒剤使用事件に関し、JR北海道が今年8月、国土交通省北海道運輸局から抜本的再発防止として提案を受けた全運転士(約1100人)に対する薬物検査実施を拒否していたことが4日、関係者への取材で分かった。譲歩案として提示された採用段階の検査も拒否。国交省は、社内の体質改善に消極的な姿勢が、レール異常放置など多発するトラブルの背景にあるとみている。

 運転士(30)=懲戒解雇=は今年7月30日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で北海道警に逮捕された。当時、岩見沢運転所に所属し、特急列車などの運転にも携わり、逮捕当日も勤務予定だったという。

 覚醒剤使用は大事故を引き起こす危険性が高いことから、北海道運輸局の担当者は8月初旬、状況説明に訪れたJR北の担当者と対応を協議した。

 JR北は「教育を徹底する」という抽象的な回答に終始。当時は列車の運行トラブルも多発していたことから、運輸局側は抜本的な対策が不可避と判断し、全運転士への尿検査実施を提案したという。

 運転士の薬物使用をめぐっては、大阪市交通局が平成21年と23年、地下鉄やバスの運転手の覚醒剤使用事件を機に、信頼回復を目的に運行業務に携わる全職員に抜き打ち検査を実施。23年の検査では2人から陽性反応が出た。西日本鉄道もバス運転手の使用事件を受け今年5月、全運転士らへの検査を実施した。

運輸局側は、こうした事例を念頭に提案の実現を迫ったが、JR北は人権問題などを理由に「できない」と拒否。運転士が入社前から薬物に手を染めていたとされることから、譲歩案として、採用段階での検査実施の検討も求めたがJR北は応じなかった。

 JR北では、約5年前に運転士らの職場にアルコール検知器を導入したが長らく自主検査扱いに。検査義務化実現は昨年7月と、JR東日本(16年8月)や、JR西日本(19年8月)などに比べ大幅に遅れた経緯もある。運輸局幹部は「最も効果のある方策を取り入れない姿勢は、社内体質改善に消極的といわざるを得ない」と話す。

 運輸局の提案拒否後、JR北は薬物乱用防止パンフレットの配布や全運転士の面談などを実施。JR北は「覚醒剤使用は犯罪行為であり、全運転士への検査以前に、社員一人一人に使用をさせないことを啓蒙(けいもう)することが、何よりも重要だと考えた」(広報部)と説明している。



 ■鉄道の安全に詳しい関西大の安部誠治教授(公益事業論)の話「薬物検査実施の拒否は、JR北海道の安全に対する意識の希薄さを物語っている。アルコール検知の義務化の遅れも同様だ。安全運行に向け運転士を適切に管理することを怠る、本社の不十分な対応が、現場の安全に対する感覚も鈍化させている。安全には何が足りないのか、もう一度社内で議論し、見直す必要がある」


人権問題が、という一言が全てでしょう
この一件についてJRが国鉄だった頃のようだとか、公務員体質がという批判がありますけど、それは違うと思います。何のことはないサヨクの人権屋が社内に多いって事だけのこと
そして、そいつらは権利意識だけは強いけど、なすべき事を進んでしないという反体制派でしかないって事。自分の命は大事だけど、他人の命を守る気はないって事
そういうことでしかないのです

サヨクは労働組合と強く結びついているので、JR北海道自体も怪しいですけど、あえて言えば労働組合が主導して安全策の強化を拒否している考えて良いのではないでしょうか?

最近では賃上げに反対する労働組合もあるので、存在自体が悪でしかないなぁと感じてますけど、本当に害悪なのかもしれません

自分の権利だけを要求して、社会に奉仕する気のない存在は消えれば良いと思います


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 09:16| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全く同感です。

社長を証人喚問するとか産経の見出しに出てましたが、社長より先にJR北の労組幹部を喚問してほしいと思いましたよ。

左翼から日本を取り戻したいです




Posted by うどん定食 at 2013年10月07日 19:31
まるっと同意です
Posted by !@管理人 at 2013年10月07日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック