2013年10月03日

日本文化だもの良いと思いますけどね>伊勢神宮遷御の儀に総理参列http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000010-asahi-pol

Yahoo:「「戦前回帰」「日本の文化」 遷御の儀に84年ぶり首相

>安倍首相が2日夜、伊勢神宮内宮の「遷御(せんぎょ)の儀」に参列した。国家神道が隆盛だった1929(昭和4)年以来、戦後初の首相参列は何を意味するのか――。

 日本キリスト教協議会の靖国神社問題委員長、坂内宗男さん(79)は「憲法に定められた政教分離の原則に反する行為だ。非常に深刻に受け止めている」と強い調子で批判した。安倍首相が靖国神社の秋季例大祭に参拝することも想定し、7日に委員会を開く予定だったが、「この問題も協議し抗議文を出したい」。

 首相の正月参拝は定着しているが、戦後3回あった式年遷宮に首相が参列した例はなく、前回は官房長官らの参列にとどまっていた。坂内さんは「伊勢神宮の公的位置づけを強め、国民にそういう意識を広める狙いがあるのでは」と危機感を募らせる。


キリスト教はキリスト教で長い歴史を持つ宗教だとは思いますけども、だからといって日本の歴史に口を挟むのはどうかと思うんですよね

伊勢神宮も長い間日本の中で大きな位置を占めてきたわけですし、その時代の為政者が出かけていったことに対して文句を言うのは無礼ではないでしょうか?

政教分離とか言いますけど、
伊勢神宮にしても何にしても神社はその土地土地に祭られてきた存在で深く根付いてきた祭礼行事に為政者が出かけていって何が悪いのやら

それに国として神道以外を認めないとしたわけではないですし、強制した事じゃないのですから騒ぎ立てる方がおかしい

外部から文句を言うのはとってもおかしいです

日本人自体はわりと宗教に無頓着で、あまり気にしない方だと思うんですよね
正月には神社に行き、葬式は仏式で、結婚式はいろいろあるけど、ポピュラーなのはキリスト教に則ったものが多い感じがするし、いろんな宗教行事を日常に取り入れているわけで、そんな中で首相が伊勢神宮の祭りに出たからと行って問題視するほどのことではないのでは?これを国家行事として国民が全員参加とかいうなら大変かもしれませんがね

自分も行けるものなら行きたかったですが、お伊勢さんはとっても遠いです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131003-00000010-asahi-pol



ブログランキング にほんブログ村
ラベル:伊勢神宮 神道
posted by ! at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック