2013年10月02日

日本国内で競馬が衰退しているから世界に売り出さないとねhttp://t.co/Zfxqmsb3Oh

Yahoo:「追い続けた世界最高峰のタイトル 「凱旋門賞」を日本馬が勝つ意味

昨年、150周年の節目を迎えた日本の近代競馬。その長い歴史において、日本競馬界が追い続けてきたタイトルがある。それが、10月6日夜(日本時間)にフランスで行われる凱旋門賞(芝2400m/ロンシャン競馬場)だ。今年は日本から、オルフェーヴル(牡5歳)とキズナ(牡3歳)が参戦。どちらも現地の前哨戦を勝利しており、優勝候補の最右翼として本番へ。いよいよ、そのタイトルに手の届きそうなところまで来た。

 凱旋門賞は長い間、「世界最高峰のレース」としてあらゆる地域の競馬関係者が目標としてきた。創設は1920年。それから今日まで、なぜホースマンはこのタイトルを目指してきたのか。それにはまず、フランスという舞台が関わっている。
その年のチャンピオンを決めるレース

 近代競馬の発祥地はイギリス。レースの形態やダービーの創設など、世界中に広がる競馬の基礎を生んだのはこの国だった。そして、そのイギリスに追随したのがフランス。世界の競馬、特に芝コースでの競馬は、イギリスとフランスが牽引してきたといっていい。凱旋門賞は、競馬の中心地であるフランスが舞台だからこそ、価値を認められてきた。

 さらに、凱旋門賞の距離設定と施行時期も、レースの権威を語るに欠かせない。舞台となる芝2400mは、イギリスとフランスのダービーが長らく行われてきた距離。競馬界最高の栄誉でもあるダービーの施行距離2400mは、競馬における「花形」。しかも3歳馬しか出走できないダービーに対し、凱旋門賞は3歳以上なら出走可能。つまり、多世代の中から「花形」である芝2400mのチャンピオンを決めるのが凱旋門賞なのだ。

 また、ヨーロッパの競馬は冬季がオフシーズン。シーズン締めくくりの時期である10月の凱旋門賞は、その年のチャンピオンを決める総決算のレースに位置付けられた。
1980年代まで日本馬は苦戦

 このような背景から世界中のホースマンの憧れとなった凱旋門賞だが、過去にその栄光を手にしたのはヨーロッパ所属馬のみ。日本馬も13頭挑戦したが、いずれも勝利には届かず。特に1980年代までは、すべて10着以下とまったく歯が立たない内容だった。


オルフェーヴルとキズナが挑む

 しかし1999年、春からフランスへ異例の長期遠征を敢行したエルコンドルパサーが2着に健闘すると、2010年にはナカヤマフェスタが低評価を覆す僅差の2着。そして昨年、2011年の三冠(※3歳馬の主要レースである皐月賞、日本ダービー、菊花賞をすべて制すること)に輝いたオルフェーヴルが、ゴール寸前で交わされての2着惜敗。今年は、一年前の雪辱を誓うオルフェーヴルと、今年5月の日本ダービーを制したキズナがロンシャンの決戦に挑む。

 19世紀から競馬史が始まった日本に対し、イギリスとフランスでは、18世紀の時点ですでに競馬が普及。その間に出来た大きな差を、日本競馬界は150年の中で少しずつ縮めてきた。日本馬が凱旋門賞を勝つことは、その歴史に追いついた証。10月6日の大一番には、そんな大きな意味がある。


国内で競馬が衰退というと言い過ぎかもしれませんが、かつてに比べれば人気が下がってきていて、北海道の生産牧場が苦しい状態になっていると聞いてます
ゆえに、支那とか朝鮮に馬の売買を考えているようですが、確か支那でしたか競馬の生産のノウハウだけをよこせとかいう話があったかと記憶しています

そんなことをしたら、ますます日本の競馬が苦しいことになるわけで
そんな中で世界の舞台で日本の馬が活躍するのは激しく良いことだと思います
日本の馬を世界各地に売り込めますからね

がんばって欲しいです

支那朝鮮に酷い目に遭わないように!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131002-00000004-wordleaf-horse&p=1


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:競馬
posted by ! at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック