2013年10月02日

日本は”自由と繁栄の弧”の考えに基づいてアジアを「支那・朝鮮」から守るべきhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131002-00000208-yom-int

Yahoo:「中国、フィリピン孤立化図る…首脳会談応じず

>中国の習近平(シージンピン)国家主席は2〜8日、インドネシアとマレーシアを公式訪問し、バリ島で7、8日に予定されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会合に出席する。

 習政権が3月に本格始動して以来、東南アジア諸国連合(ASEAN、10か国)の中で、首脳級指導者の往来がないのはフィリピンだけとなる。南シナ海の領有権問題で対立する同国の孤立化を図り、外交圧力を強める構えだ。

 外交筋によると、李克強(リークォーチャン)首相も9、10日にブルネイで開かれるASEAN・日中韓首脳会議などに出席し、タイとベトナムを公式訪問する。習政権の発足後、習氏も李氏も東南アジアを歴訪するのは初めてとなる。

 習、李両氏は国内での経済フォーラムなどを利用し、ASEAN首脳と会談してきたが、インドネシア、マレーシアとはまだ実現していなかった。領有権問題でフィリピンと並んで対中強硬派だったベトナムとは、国家主席らの訪中を通じて懐柔策に出ている。

 一方、中国の領有権主張は不当として国連海洋法条約に基づく仲裁裁判を申請したフィリピンとは会談に応じていない。外交筋によると、9月に開いた中・ASEAN博覧会ではアキノ比大統領訪中の条件として裁判の取り下げを求め、決裂。フィリピンが米国と新たな軍事協定の協議を始め、中国に対抗しようとしていることも影響している。

 中国がフィリピンの孤立化を図るのは、全会一致を原則とするASEANを分断し、法的拘束力を持つ南シナ海の「行動規範」策定を中国ペースで進めようとする思惑もある。複数のASEAN筋は、「中国はバリでもブルネイでも、アキノ大統領との会談に応じないだろう。ASEAN内で孤立化させようとしている」との見方で一致する。


フィリピンやベトナムなど日本と同じ境遇の、支那の侵攻に困っている国々を日本は積極的に助けるべきでしょう

むしろアジアから特定アジアを切り離し、アジアの平和を守るという方向へ向かっていくべきじゃないですか?支那の基本路線が侵略である以上

特定アジア、支那南北朝鮮は平和の敵と言っても過言ではないです

現状フィリピン・ベトナムを日本が救わずしてどこが救うというのか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131002-00000208-yom-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック