2013年09月30日

誤解というか維新の会が嫌われただけhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000000-mai-pol

Yahoo:「<堺市長選敗北>「都構想の誤解広まった」橋下代表

>29日投開票された堺市長選は、大阪維新の会公認で前市議の西林克敏さん(43)が現職の竹山修身さん(63)に敗れ、本拠地・大阪の首長選で維新公認候補として初めて敗北を喫した。「大阪都構想について大きな誤解が堺市民に広まってしまった」。記者会見で悔しさをにじませた橋下徹代表はこれまで圧倒的な発信力で維新を引っ張ってきたが、今回は竹山さんの攻めどころに迷い、主張は民意を求めてさまよった。

 堺市堺区の西林さんの事務所は午後8時過ぎ、落選確実の知らせが伝わると重苦しい空気に包まれた。橋下氏や維新の議員、支援者らが集まる中、西林さんは「私の力不足が大きく響いた」と力なく頭を下げた。

 その後、橋下氏と松井一郎幹事長が会見。橋下氏は竹山さんの陣営が「都構想で堺がなくなる」と主張したことを「全く事実とは異なる」と批判し、「どこが出しているか分からないが、違法なビラが大量に出回った。僕は潔く負けを認められない」とまくし立てた。

 「僕の態度振る舞いや政治手法にすごい批判や反論がある。4年も5年もやっていれば飽きられもする」と話した。


橋下に騙される人が減ったと言うこと
あれだけいろいろやらかしても責任をとらないトップに誰が託すのかって事と
橋下の橋下による橋下のための維新の会ということがばれたんだからしょうがない

ゆえに橋下が目立ちすぎて、肝心の候補者の影が薄かったという印象で、投票のしようがなかったのでは?


なんにせよ維新の会は前から言っているとおり民主党に次ぐ選挙互助会でしかなかったと言うこと。橋下の威光を借りて当選したいという無能者の集まりでしかない
当然トップがうまいことを言えば票は集まるけど、特にここ最近の橋下の馬鹿さ加減の発露にダメだこりゃと考える人が増えていたことで、敬遠されたということなのでは?

前述の通り肝心の市長候補が何を言ったというより橋下が何を言ったで評価されていて、市長選の体をなしてなかったように感じられました


このまま維新の会が凋落してくれればありがたいですよ
反日団体の減少は日本のためになりますから

橋下君は保守本流ではなく、反日野郎キャンペーンを勝手に実行中


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130930-00000000-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(橋下徹とか) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック