2013年09月26日

つまり最高裁は結婚制度を否定するのか?>非嫡出子の区別はいらないってアホかhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000123-jij-soci

Yahoo:「出生届の婚外子区別は合憲=戸籍法規定めぐり初判断―「不可欠でない」言及・最高裁

>結婚している夫婦の子(嫡出子)か結婚していない男女の子(婚外子)かを出生届に記載しなければならないとした戸籍法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、事実婚を続ける東京都の介護福祉士菅原和之さん(48)夫婦らが、国などに損害賠償を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は26日、規定は合憲との初判断を示し、菅原さんらの上告を棄却した。請求を退けた一、二審判決が確定した。
 一方で判決は、出生届の記載について「戸籍に関する事務処理の助けになるが、不可欠とは言えない」と言及した。
 婚外子の遺産相続分を嫡出子の半分とする民法の規定を違憲とした4日の最高裁大法廷決定を受け、法務省は民法と併せ、戸籍法の出生届に関する規定も改正する方向で検討している。


こういう裁判を起こす連中は体制というか国のあり方を否定しているただのテロリストといっても過言じゃないでしょう
秩序が保たれるのが嫌でしょうが無いクズ
そういう風に見てますよ
そしてそれに同調する最高裁

最高裁がここまでおかしくなった原因は何なんだろう?
国のあり方を否定しているのが不思議でしょうが無いです

法によって結婚が規定されているのに、結婚によって生まれた子供とそうじゃない子供に差が付くのは当たり前
親の責任において始末をつけるべきであり、国が保証とかそういうことをしなければならない必要はないと考えます。親の不始末をなんでこういう形で国をメチャクチャにするようなことを言うのかよくわかりません

今度は司法の売国化に対抗していかなければ国が壊されてしまいます

国を成り立たせるためには一定の秩序が必要であり、それを法で定めているのですが、それを壊そうとする勢力が存在していて、こういう破壊活動を進めています。これを許しちゃいかんでしょう。まっとうな言論人には反対の意を表して欲しいけど、まともな言論人はテレビに出られないという現実

ネットで少しでも対抗していくしかないですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000123-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック