2013年09月24日

対策といっても、あと何をすればいい?>京都でまた集団登校中の子供がひかれるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000027-mai-soci

Yahoo:「<交通事故>集団登校の5人重軽傷、少年逮捕 京都・八幡

>24日午前7時55分ごろ、京都府八幡市八幡双栗(そぐり)の府道で、同市の自称派遣社員の少年(18)が運転する乗用車が集団登校中の同市立八幡小学校の児童の列に突っ込んだ。消防などによると、1年生の男児(6)が頭などを打って重傷のほか、1〜5年生の男児と女児計4人が軽傷とみられる。府警八幡署は自動車運転過失傷害容疑で少年を現行犯逮捕した。同署が原因を調べている。

 府警によると、重傷の男児は集中治療室(ICU)で治療を受けている。軽傷とみられるのは、5年男児(11)▽同男児(10)▽3年女児(9)▽1年女児(6)。

 同署の調べでは、車は一方通行の道路を南進し、府道との交差点で左折した際、何らかの理由でスリップし、府道北側のガードレールに衝突。はずみで道路南側の歩道の柵を押し倒して児童の列に突っ込んだ後、民家に衝突して停止したとみられる。児童は12人前後の列で東から西へ歩いていたという。

 少年は出勤途中で、調べに対し「交差点で一時停止した後、発進時にアクセルを踏みすぎスリップした」などと供述しているという。車はスポーツタイプのマニュアル式の普通乗用車。少年は昨年11月に免許を取得したという。

 現場は片側1車線の直線道路で、京阪電鉄八幡市駅南東約1.2キロの住宅や工場、商店が混在する地域。【伴丈伸治、南良靖雄、堀智行】


別の記事でガードレールをひくように依頼していたが、してくれなかったとかありました
道幅とか現地の状況を知りませんので、適当なことを言うなって事になっちゃうかもしれませんが、道幅によってはガードレールを設置できないかもしれません。あとは通学路を変更するとか、大人が常に付き添うとかなどの策をとるしかないかもしれませんね

あとは、ドライバー側をどうするか、かもしれません
危険な運転のあるものについては、免許証を与えないとか、
狭い路地には一定時間入れないようにするとか、
必要以上の馬力が出ないようにするとか
何かしらのドライバーが自由に運転できないようにさらなる規制を施すしかないのではないでしょうか?


ドライバーによっては大きな不利益を被ることになる人が出るかもしれませんが、失われるかもしれない子供の生命とどちらが大事かという考え方ですすめるしかないのではないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130924-00000027-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック