2013年09月17日

家族の立場だったら文句の一つも言いたいけど、それだと?>医療事故で脳障害http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130917-00000036-mai-soci

Yahoo:「<医療事故>手術中の患者が脳障害 麻酔科医に無罪判決

>神奈川県立がんセンター(横浜市旭区)で全身麻酔手術中の女性患者の観察を怠ったため高次脳機能障害を負わせたとして、業務上過失傷害罪に問われた麻酔科医の男性(44)に対し、横浜地裁は17日、無罪(求刑・罰金50万円)を言い渡した。毛利晴光裁判長は「検察側主張の注意義務は認められない」と判断した。

 男性は2008年4月、当時44歳の患者の乳房部分切除を行う際、麻酔を施した後に引き継ぎをせず退室したため、その後に麻酔器から酸素供給の管が外れ、患者に脳機能障害を負わせたとして起訴された。

 検察側は、手術室を離れたことが注意義務違反に当たると主張したが、判決は「患者の状態が安定していることを確認して手術室を離れており、刑事罰を科すほどではない」と退けた。

 当初、横浜区検が男性を略式起訴したが、横浜簡裁は「略式不相当」と判断して正式裁判に移行していた。

 判決言い渡し後、毛利裁判長は検察側に対し「慎重な法律判断をすべきだ」と述べた。【飯田憲】


本人であったり、家族の立場だったら文句を言うのは当然だと思いますけども、
かといって、裁判を起こして責任を問うのは全体の益につながるのかなと疑問に思います

常々書き込んでますけど、産婦人科医や小児科医が減っているのは、こういう裁判沙汰が続いて医者のなり手が減ったからだと考えています。職業として選ぶ際デメリットが少ないところを選ぶのは当然のことです。もちろん、意識高くどんなに苦難があっても生命を助けるんだと選ぶ方もおられるでしょうけど、一般人としたらイヤなものは避けたいですよね

あまりに苦情やら何やらで騒ぎ立てられる可能性が大きくなれば避けられる職業になってしまい、結果として医者のなり手が減って、医師不足などになり、助かる生命も助からなくなってしまうのではないでしょうか?

もちろん、この事故をきちんと次に生かすための対策をとってもらわないといけないと思いますし、その結果を各医師が自分のこととして受けて欲しいと思いますよ

ただ責任を問いすぎて、相手を萎縮させるまでしちゃって良いのかなと考えているわけです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130917-00000036-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:裁判 医療事故
posted by ! at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック