2013年09月13日

そりゃ実の親子じゃないものね>性別変更で父親になれるわけ無いでしょうが(笑)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000016-asahi-soci

Yahoo:「性別変更の男性と人工授精の子、親子と認めず 大阪家裁

>心と体の性が一致しない障害で、女から男に性別を変えた兵庫県宍粟市の男性(31)が、第三者の精子を使った人工授精で妻(31)が産んだ次男(1)との親子関係の確認を求めた訴訟で、大阪家裁は13日、男性の請求を棄却する判決を言い渡した。

 法務省によると、男性のように性別変更し、人工授精により妻が生んだ子は2007年以降で33人。04年に性同一性障害特例法が施行され、性別変更が認められるようになる中で、直接的な血縁関係がなくても法律上の親子だと認める司法判断が出るかどうかが注目されていた。

 訴状などによると、男性は08年3月、特例法に基づいて性別を変え、妻と結婚。精子提供を受けて12年5月に次男をもうけ、本籍地の東京都新宿区に嫡出(ちゃくしゅつ)子(婚内子)として出生届を出した。だが、男性の戸籍を確認した新宿区は「性別を変えた男性に生殖能力はなく、血縁関係は認められない」と判断。次男を非嫡出子として扱い、戸籍の父の欄を空欄にしたため、今年4月に提訴した。

 男性側は「婚姻中に懐胎した子は夫の子」とする民法772条に基づき、結婚した妻との間で生まれた次男とは親子の関係であることは明らかと主張。「性別変更を理由に親子関係を認めないのは、法の下の平等を定める憲法14条に違反する」とも訴えていた。


性別変更して男になったからといって、父親になれるわけ無いでしょうが
体に精子を作る機能が無いんだから、男しての生殖能力はなく、父親になれないという判断はすごく当然。自明の理。裁判を起こす方が馬鹿げています。他人の子供を連れてきて、養子縁組するならともかく嫡出子とか何の冗談?

こういう何でもかんでも法の下の自由がどうこうとかいう輩って、馬鹿なの?狂っているの?


科学が倫理観無く進んでしまっていることが、こういう異常事態を引き起こしているのでしょう

普通に考えれば性同一障害というのも変。病気と認めるなら体に合っていないゆがんだ精神を治療すべきであり、体を変えることを認める方が狂ってます。その技術も停止して変更を認めず、精神治療を行うべきでしょう。冗談抜きで基地外沙汰ですね

どちらにしてもどうあがいても実の父親になれるわけがありません
いつか子供が自分の父親は誰?といって探すだけのことです
他の不妊治療とやらで精子をもらって子供を作る家庭で起きている問題と一緒
(子供を買ってきているだけです)

親の身勝手に付き合わされる子供が気の毒なだけですよ
子供は親を選べないからなぁ
こんな精神異常者の子供じゃ気の毒すぎ

同性愛とか性同一傷害とか理解するつもりは毛頭ございません
異常なものは異常と片付けるだけです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130913-00000016-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:嫡出子 性別変更
posted by ! at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック