2013年09月04日

司法が日本の秩序を破壊する!憲法改定へ向かうべきだ>婚外子相続格差は違憲だって狂ってるね!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130904-00000073-jij-soci

Yahoo:「婚外子相続格差は違憲=民法規定めぐり初判断―最高裁大法廷

>結婚していない男女の間に生まれた子(婚外子)の遺産相続分を結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分とした民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかが争われた家事審判の特別抗告審の決定で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は4日、規定を違憲とする初判断を示した。
 相続規定は明治時代から引き継がれてきたが、「婚外子への差別だ」とする国内外からの批判が高まっている。最高裁が違憲と判断したことで、国会は法改正を迫られる。


婚外子ではなく、非嫡出子が正解のようですね
また言葉狩りが進むのかしらね?そして最終目標は戸籍の廃止。やっぱりそう言う連中の企みか?日本を壊そうとする連中に負けるわけにはいかない(追記でした)


夫婦間の不始末を国や憲法に押しつけた狂った裁判に、狂った憲法判断

結婚システム、家族構成というのは日本社会を構成する根幹部分
それをゆがませる判断が行われてしまったことは本当に残念なことです
なんといっても裁判所が不倫にお墨付きを与えてしまった格好になっているのは本当によろしくない
司法は、家族のあり方を完全に潰すつもりらしい


みんな平等という狂った考え方が招いた異常事態
違うものは違う、区別すべきは区別すべきという考え方ができなくなっていることが本当に残念です
みんな一緒という考え方はダメでしょう
正妻、嫡出子は本来もらえる財産を、どこの馬の骨だかわからない連中に奪われる苦しみを味あわなければならない苦痛は誰が保証するのでしょう?気の毒ではありますね
もっとも下半身で生きている連中に苦しめられるわけですから、何とも言えません


婚外子はどうしても財産が欲しければ父親、または正当な家族の皆さんにお願いすべきであって、国や憲法に求めるものじゃないはずです
そういう立場でしかないのですからね
家族内の不始末は家族内で納めて欲しかったのに、こんな下らない結果になってしまって本当に本当に残念

という訳なので
そういうことなら今の日本国憲法をなるべく早く破棄して、ちゃんとした自主憲法に変えて行きたいものです
ゆがんだ平等意識は無しにしなければいけません

ただ被災地の回復、景気回復などやるべき事は多いから、なかなか難しいですね
そんな具合で民法の修正も先送りで良いでしょう、選挙の区割りほど喫緊の課題ではないですから


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130904-00000073-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。はじめまして。

私も、昨日の官房長官記者会見と谷垣法相のテレビでの発言を聞き、早速官邸に法改正反対のメッセージを送りました。少しでも多くの国民の声が届くことを祈るしかありません。

司法が強すぎるのは問題です。三権分立が意味をなさないなんて、韓国と同じです。早く日本を取り戻さないと、本当に手遅れになってしまいそうで怖いです。
Posted by アールグレイ at 2013年09月05日 10:42
どもです!
自分も反対意見を遅らせていただきました。
本当に残念な判断でした。
おそらくいずれ行われる審判の際には判事全員に×をつけるつもりです。
Posted by !@管理人 at 2013年09月05日 19:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック