2013年08月23日

はだしのゲンを良書だと勘違いしちゃっている人たち>嘘を真実にしないためにhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130823-00000016-mai-soci

Yahoo:「<はだしのゲン>鳥取市立中央図書館が閲覧制限を撤回

>鳥取市立中央図書館は、事務室に移して自由に閲覧できないようにしていた漫画「はだしのゲン」を、館内の一般書のコミックコーナーに移した。

 図書館によると、閲覧制限を知った市民らから問い合わせが相次いだため、21日に急きょ職員会議を開催。「市民の自由な論議の基になる材料を提供するのが図書館の役目」(西尾肇館長)などの理由から、コミックコーナーに置くことを決めた。22日現在、図書館が所蔵するゲン5セットは全て貸し出されており、予約も入っているという。

 図書館では2011年夏、ゲンを読んだ子供の保護者から「小さな子が目にする場所に置くのはいかがなものか」とクレームがあり、貸し出しカウンター裏の事務室に置いていた。


無知無能な大衆を騙すのは簡単なことなんですね
ちょっとサヨク新聞社が騒いで、大手マスコミが一斉に追従すれば、黒も白になってしまうわけ
そして何か事が起きれば、差別だなんだと騒ぎ立てれば、たいていの人は騙されるから楽なんでしょうよ

共産党日教組が絡んだら、普通の人にとってマイナスなだけなのに・・・


別に原爆の悲惨さを知るにも、戦争のひどさを知るにもゲンだけがすべてではないのに、すべてが終わったかのような騒ぎ

やれやれ、情けのないことだと思います



そんなことはさておき、
ゲンで取り上げられている、
日本兵がやってもいないことをやっているとしている件
昭和天皇を公然と侮辱している件
いくら表現の自由があるにしても許されざる事
間違った歴史認識のまま子供たちに読む機会を与えてしまうのは大いに問題あり
無いことがあったかのようにすり込まれたら、先々修正していくのはなかなか難しい
自虐史観からの脱却は非常に体力が必要です
そんなことがないように最初から間違ったことを身につけないようにしていかないとね
そのへんが改められた新しい歴史教科書については、発禁にしろとか言ったりするわけでサヨクのダブルスタンダードぶりには何度でも驚かされます

このことは大いに喧伝し、注意を呼びかけていく必要はありましょう
嘘がまかり通らない世の中にしないとね


ご【参考】
”正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現”:「中沢啓治死去「はだしのゲン」の作者・天皇陛下を「最高の殺人者」「戦争狂」呼ばわりし、支那軍の蛮行を日本軍の仕業にすり替え、在日朝鮮人は無理やり連れて来られたと嘘八百の愚劣極まりない極左のプロパガンダを展開


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130823-00000016-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック