2013年08月08日

ニホンオオカミ復活させた方が良いと思う>自然の生態系を守る気があるのならhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000007-mai-soci

Yahoo:「<ニホンジカ>20年で9倍に 環境省、狩猟会社認定を検討

>環境省は7日、北海道を除く全国に生息するニホンジカとイノシシの個体数を初めて推計し公表した。ニホンジカは2011年度に216万頭と、この20年間で9倍近くに増え、今のペースでは25年度にさらに倍以上に増える見通し。環境省は野生鳥獣による農作物などへの被害を減らすため、鳥獣捕獲の専門会社を認定する新制度の検討を始めた。

 推計によると、ニホンジカは11年度216万頭で過去最多を記録。これに対し、捕獲数は27万頭と約1割にとどまり、現状のままでは、25年度に500万頭まで増える見通しだ。一方、イノシシも11年度に88万頭と推定され、1989年度の3.5倍に増加した。

 シカは繁殖能力が高いうえ、最近は暖冬で、冬を生き延びるケースも多い。農作物や森林の食害だけでなく、車や列車との衝突事故も後を絶たない。従来は自治体が地元の猟友会を中心に有害鳥獣の捕獲を行ってきたが、狩猟免許保有者は89年度の29万人から10年度に19万人へ減少。うち60歳以上が63%を占め、高齢化が進んでいる。

 このため、環境省は専門技術を持った事業者を認定し、若手ハンターの雇用、育成につなげる新制度の導入を検討している。案では、集団で行う大規模な捕獲作戦や、標高の高い山中、市街地近郊などでの高度な捕獲技術を要する作業を担う民間事業者を国が認定。各自治体が策定する保護管理計画に従って、捕獲業務を受託できるようにする。要件として、安全管理体制や捕獲実績、従業員の研修などを義務付ける。


生態系のバランス維持を考えるなら、ニホンオオカミをなんとしてでも復活させた方が良いんじゃないかなと思ったり
そうすれば、人間がシカの処分を行うことで、かわいそうだとかそういう声も出なくなるだろうし
人間も下手に山域に近づかなくて済むので、山域の自然も守られるのでは?

鉄砲の使い手を維持することも大事ですけど、やっぱり日本に鉄砲はなじまない気もしますし
必要は必要ですよ、人間界を守るために使うのもありますし、マタギのような生活をする人がどのくらいいらっしゃるかわかりませんけど、そういう方たちのためにも維持し続けるのは良いと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130808-00000007-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・動物・植物といったところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック