2013年07月31日

朝鮮人がどうこうではなく、山へ安易に入りすぎ>そして入らせすぎhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000292-yom-soci

Yahoo:「過密・ガイドなし…日本の山を登る韓国人増加

>韓国では標高2000メートルを超える山がなく、アウトドア志向が強まる近年、日本アルプスなどを訪れる韓国人登山者が増えている。

 長野県山岳協会などによると、韓国からの登山者は北アルプスを中心に約5年前から増加。ヒマラヤ登山などに向けたトレーニングの場にする人もいる。

 韓国からの登山ツアーについて、日本山岳ガイド協会の磯野剛太理事長は「日本人向けツアーより過密。言葉の壁もあり、日本人ガイドを付けないケースが多い」と指摘する。

 空木岳から宝剣岳への稜線(りょうせん)を歩くルートはアップダウンが激しく、宝剣岳山頂付近は中高年には難コースとされる。


朝鮮人がどうこう言ってやりたい気持ちもありますけど
それ以前に、安易に山へ入ることを進めている業界の方がイヤなんですよね

山へ入ったら、そう簡単には帰ってこれない以上、自ら身を守ることを徹底させるべきなのに、そういう注意もろくになく、簡単に山へ入らせすぎだし、特に富士山とか観光地化して、どうするんだ?と金儲けに目がくらんだ業界に不愉快なものを感じます

もちろん入山者の意識も大事ですが、
自然を恐れ準備を怠らないということとか
自分だけは大丈夫だ、とか
その辺はやはり業界側などが指導するしかないと、思います

テレビで山ガールとか安易に紹介して、簡単に山へ行けるかのように勧めるのはどうかと思いますよ、本当に

雨が降っただけでも、何が起こるかわからないですし、熊とかと出会ったらどうするとか、不測の事態に備えられるように指導をしっかり徹底してもらい、入山者の確認をして準備不足の連中には入山を認めないくらいの厳しさは欲しいです

そこから先は自己責任で


ここで終わりにしておこうと思いましたけど、
やっぱり朝鮮人は朝鮮人。結局に本が悪いと言ってくるから本当に始末が悪いですね
山へ入る装備が全く足りなかった、自己責任だ、で終わりでしょう
日本の山にヒトモドキを入れるな!山が穢れる。だから山が怒ったんだよ!!!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000292-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 23:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック