2013年07月21日

元々おかしな思想を持っていたけど、爆発しちゃった?>ジブリ宮崎氏の反日ぶりhttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1768560.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「宮崎駿監督 「慰安婦問題、謝罪賠償すべき」「領土は他国と半分にして解決」「国防軍はやめろ攻められた方がマシ」」

1 名前: ブリティッシュショートヘア(埼玉県):2013/07/19(金) 21:51:58.96 ID:589/nOT4P
(前略) 憲法を変えることについては、反対に決まっています。選挙をやれば得票率も投票率も低い、そういう政府がどさくさに紛れて、思いつきのような方法で憲法を変えようなんて、もってのほかです。本当にそう思います。
(中略)
政府のトップや政党のトップたちの歴史感覚のなさや定見のなさには、呆れるばかりです。本当に勉強しないで、ちょこちょこっと考えて思いついたことや、耳に心地よいことしか言わない奴の話だけを聞いて方針を決めているんですから。

それで国際的な舞台に出してみたら、総スカンを食って慌てて「村山談話を基本的には尊重する」みたいなことを言う、まったく。「基本的に」って何でしょうか。「おまえはそれを全否定してたんじゃないのか?」と思います。きっとアベノミクスも早晩ダメになりますから。

もちろん、憲法9条と照らし合わせると、自衛隊はいかにもおかしい。おかしいけれど、
そのほうがいい。国防軍にしないほうがいい。職業軍人なんて役人の大軍で本当に
くだらなくなるんだから。
(中略)
もし本当に戦火が起こるようなことがあったら、ちゃんとその時に考えて、憲法条項を
変えるか変えないかはわからないけれど、とにかく自衛のために活動しようということに
すればいいんです。

立ち上がりは絶対遅れるけれど、自分からは手を出さない、過剰に守らない。そうしないと、
本当にこの国の人たちは国際政治に慣れてないからすぐ手玉に取られてしまいます。
もし戦争になるとしても、そのほうがまだましだと考えます。
http://www.ghibli.jp/10info/009354.html

とにかく、今までこれだけ嘘ついてきたんだから、つき続けたほうがいいと思ってます。
整合性を求める人たちはそうすることで「戦前の日本は悪くなかった」と言いたいのかも
しれないけれど、悪かったんですよ。それは認めなきゃダメです。慰安婦の問題も、
それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。
領土問題は、半分に分けるか、あるいは「両方で管理しましょう」という提案をする。
この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません。

慰安婦の問題も、それぞれの民族の誇りの問題だから、きちんと謝罪してちゃんと賠償すべきです。

領土問題は、半分に分けるか、あるいは「両方で管理しましょう」という提案をする。
この問題はどんなに揉めても、国際司法裁判所に提訴しても収まるはずがありません。

かつて日本が膨張したように、膨張する国もあります。でも、その度に戦争をするわけ
にはいかない。そんなことよりも、今は、日本の産業構造を変えていこうというまじめな
取り組みをすべきだと本当に思いますよ。こんな原発だらけの国で戦争なんかできっこ
ないじゃないですか。

中国が膨張しているのは中国の内発的な問題です。そして、中国内の矛盾は今や
世界の矛盾ですから、ただ軍備を増強したり、国防軍にすればけりがつくなんていう
問題じゃないと僕は思います。
http://www.ghibli.jp/10info/009354.html


知らなかった方も多いようですけど
宮崎って言う人はこういう人
このくらいの年代にはこういう気が触れた人が多いのは確かですね

日本が嫌いなのに、何で日本に住んでいるのかよくわからない
日本を不当に貶めるようなことを平気で口にできる人って、なんで日本に住んでいるんでしょうか?
不思議でなりません
やってもいないことで謝罪を強要されたり、不当な賠償請求を求められたり
逆に領土を武力で奪われいくつもの生命も奪われているのに半分こにしましょとか逝かれすぎでしょう?

だからといってジブリ作品を見るなとは言いませんけど
それ以前に作品の質がだいぶ下がっているように思ってますんで、映画館には見に行ったことはないですね
せいぜいラピュタトトロの頃が絶頂期ではなかったかなと

老害は早く消えた方がいろんな意味でためになると思いますね


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 14:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日(国内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック