2013年07月21日

親は何をしていたんだろう?>子供たちがトンネル内徘徊で事故死http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130721-00000249-yom-soci

Yahoo:「道に迷い線路歩く…トンネルで少年はねられ死亡

>21日午前1時頃、大阪府柏原市国分のJR関西線高井田―河内堅上(かわちかたかみ)間にある芝山トンネル(長さ約200メートル)内で、大阪市東住吉区に住む16歳の少年2人が、JR難波発王寺(おうじ)行き普通電車(6両)にはねられた。

 一人は全身を強く打ち約4時間後に死亡、もう一人は右足を骨折する重傷を負った。乗客200人にけがはなかった。

 柏原署によると、当時、2人を含む少年ら計13人(12〜16歳)がトンネル内を歩いていた。付近の山で遊んでいたが道に迷い、線路を伝って帰ろうとしていた途中だったという。避難スペースなどに逃げ込んだ少年は無事だったが、外に出ようとした2人がはねられたという。

 現場は、奈良県との境に近く、JR高井田駅から約1・5キロ東。


そんな遅い時間に子供がプラプラしているなんて駄目でしょ!

親はいったい何をしていたのか?
最近の子供は結構携帯を持っているはずだけど連絡できなかったのか?圏外??

なんにせよ深夜徘徊を許しちゃう親は駄目ですよ、本当に
遊ぶなら自分で稼ぐようになってからです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130721-00000249-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村

posted by ! at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック