2013年07月12日

日本の戸籍システムは誇るべきもの>タイで119歳男性発見?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130712-00000018-reut-asia

Yahoo:「タイの村に「119歳」男性、ギネス記録上回る可能性

>ミャンマーとの国境にほど近いタイの村に住む男性が、119歳である可能性が出ている。年齢が確認できれば、現在のギネス記録が変わることになる。

カレン族の村に住むガム・トンナムチョクディーさんのもとには10日、タイの当局者らが面会に訪れた。ガムさんが見せた身分証には1894年5月8日生まれと書かれており、確認できれば現在世界最高齢としてギネス記録に認定されている大阪市の大川ミサヲさん(115)を上回ることになる。

現地メディアによると、ガムさんは毎日釣りに出かけたり、コメや野菜などの質素な食事を取りながら暮らしているという。


なんというか戸籍とかそういうシステムがしっかりと構築されていない国のこういうデータって信用しがたいと思うんですよね

その点日本の戸籍システムは充実していて、しっかりと役場が管理しているので確実性は高いと思うのです
ところが、在日の連中が出自がバレルのを恐れるのか何なのか知りませんが、日本の戸籍を無くそうとしているというのですよね。それが原因か何か知りませんけど免許証の戸籍欄が消えているのが不思議なところ

マスコミもそういうデータの不備をいちいち突っついて戸籍を抹消させようとしている節も感じますし、世界に誇れる日本のデータをそんなに邪険にしなくても良いのになぁと思いませんかねぇ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130712-00000018-reut-asia


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック