2013年07月10日

最高裁が考え方を変えなければいいのですがね>家族の崩壊を招く恐れありの婚外子相続見直しhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000028-mai-soci

Yahoo:「<婚外子相続規定>最高裁大法廷で弁論 合憲見直しの可能性

>結婚していない男女の間に生まれた非嫡出子(婚外子)の遺産相続分を嫡出子の半分とした民法の規定が、「法の下の平等」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた家事審判の特別抗告審で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允<ひろのぶ>長官)は10日午前、当事者の意見を聞く弁論を開いた。婚外子側は「規定は憲法違反で、直ちに司法の救済が必要だ」と訴えた。今秋にも大法廷が、従来の合憲判断を見直す可能性が高まっている。

 弁論が開かれたのは、東京都に住む父親が2001年7月に死亡し、遺産分割が争われたケース。

 規定の目的は「法律婚の尊重と保護」とされるが、婚外子側の弁護士は「家族や結婚に関する価値観は変化し、国際条約も出生による差別を禁じている」と、法改正の必要性を訴えた。婚外子本人も「少年期に精神的不利益を感じ、結婚を意識する時期には引っ込み思案になった」と述べ、規定が差別意識や劣等感を生む要因と指摘した。

 一方、嫡出子側の弁護士は「規定は合憲」と反論。「相続分を同等にすることに反対する国民は多い」と強調した。大法廷では10日午後にも、別の家事審判の弁論が開かれる。

 最高裁は新たな憲法判断や判例変更が必要な場合、15人の裁判官全員による大法廷で審理する。大法廷は1995年に合憲判断を示しているが、今回はこれを見直す公算が大きい。民法を所管する法務省民事局長を務めた寺田逸郎裁判官は審理を回避し、裁判官14人で担当する。【和田武士】


法律上で駄目だと言われているのに、やらかしてしまった親に責任があるわけであって、法を秩序をゆがめることになるのには納得いかないですねぇ

親が責任もって対処すればいいだけのことであって、国が法を変えることはないでしょう
そういった意味でも憲法を改正して、その辺厳しくしていってほしいものだと思いますね
気の毒だかわいそうだで、正当な権利者の権利をかすめ取るようなことは許してほしくないですね

まず親が好きかってやった結果なんですから、親に任せるべきでしょうし
その際正当な権利者の意見が反映されるべきです
下半身が緩んでいるやつの後始末を国が追うことはない!

家族のありようをゆがめるようなことを結果として認めるようなやり口はおかしい
それが価値観の多様化とか笑止

クソ人権派弁護士とか、そういう連中が戦後日本をゆがめ壊してきた結果が、これだ
情けない限りです

差別とかそういうことではなく定められたことをゆがめる方がおかしいという話
同じ子供、ではなく正当な権利を持っているかいないかでしょう?
かわいそう、気の毒で日本社会が壊されてく・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130710-00000028-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人権とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック