2013年07月05日

父親が誰でもかまわないけど、結婚無しで産むのはふしだらと思いますhttp://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130704-00000011-pseven-spo

Yahoo:「安藤美姫“娘の父”南里康晴とは2年前から交際 新生活も開始

>フィギュアスケーターの安藤美姫(25才)が7月1日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のインタビューで、今年4月に女の子を出産していたことを明かした。現時点では結婚しておらず、父親にも触れなかったが、スポーツ紙関係者は「子供の父親は南里さんですよ」と話している。“南里さん”とは、元フィギュアスケーターの南里康晴(なんりやすはる・27才)のことだ。

 今から2年前の夏の終わり、女性セブンが2人のデートをキャッチしている──。東京・明治神宮の参道をゆっくり歩く一組のカップルがいた。ふたりは手をつないだまま原宿へ向かって歩き、今度は表参道でウインドーショッピング。

 途中ケータイを取り出すと顔を寄せ合ってふたり撮り。そして人目を気にすることなく、そのまま彼女が彼に「チュッ」とキスするシーンも…。それが安藤美姫と、当時つきあい始めたばかりの南里のデート現場だった。

 南里は、福岡県内にある明太子メーカーに所属していたため“明太王子”と呼ばれていたイケメンだ。すでに愛娘との3人での生活もスタートさせている。ママになった安藤は、これまでやらなかった筋力トレーニングを始めるなど、ソチ五輪に向け新たなスタートも切った。

 4日発売の、女性セブン7月18日号では、2年前にキャッチしたふたりのツーショット写真を掲載。仲良さそうに寄り添うラブラブな姿を確認できる。


縁あって、子をなすまでになって事ですし、めでたいことだとは思います
ただ、プライベートに関することですから父親が誰であろうと知った事じゃないですが
結婚しないで産むに至るのはやっぱり下品だと思うし、シングルマザーをいたずらに褒めるばかりというのはいかがなモノかなと思いますね

社会の根幹をなすのは夫婦、そして子供
その片割れがおざなりになっているのはおかしいし、秩序を揺るがすことで良いことだとは思いませんね
確かに法とかで規制されている事じゃないですが、それでもおかしいものはおかしいと思います
昨今、出来婚を是とする風潮になってましたが、まだ結婚するだけマシでした

が、そこに至らないことまで是とするのは反社会行為ではないのかなと考えるわけです
少子化対策として、産みたいなら産ませればいいというのは、それはおかしな考えだなと思いますよ
父母あっての子供。それは結婚というシステムがあって、子供が確定するわけですから、父親不在というのはいささかデタラメが過ぎるというものじゃないのかなぁ

他の国でやっているから良いではなく、基本は基本として抑えておきたいものですがねぇ・・・
福島みずほみたいに家族解散式とか、家族をあまりにおざなりにしている連中は推しているようですが、でも、それでいいのかな?って考えてしまいます。困った時に最終的に頼れるのは家族だけだと思いますけどもね

それをおざなりにして、よしとするのは異常です
母親のエゴが優先されて、子供がおざなりになっているような気がしてなりません
親がちゃんとしてないと子供がかわいそうでしょうが


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130704-00000011-pseven-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・家庭に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック