2013年07月05日

親の責任は確かに大きいですよね>自転車事故で賠償命令http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000003-asahi-soci

Yahoo:「親に9500万円賠償命令 少年が自転車で人はねた事故

>自転車で女性(67)をはねて寝たきり状態にさせたとされる少年(15)=当時小学5年=の親の賠償責任が問われた訴訟の判決が4日、神戸地裁であった。田中智子裁判官は「事故を起こさないよう子どもに十分な指導をしていなかった」と判断。少年の母親(40)に対し、原告の女性側と傷害保険金を女性に支払った損保会社に計9500万円を賠償するよう命じた。

 判決によると、少年は2008年9月22日夜、神戸市北区にある坂をマウンテンバイクで時速20〜30キロのスピードで下っていた際、知人の散歩に付き添い中の女性に衝突した。女性は頭の骨が折れ、現在も意識が戻っていない。

 判決は「少年の前方不注意が事故の原因」と認定。少年側は「危険な走行はしておらず、日頃から指導もしていた」として過失責任を否定したが、判決は母親が唯一の親権者としての監督義務を十分に果たしていなかったと判断した。そのうえで、女性が事故に遭ったために得ることができなくなった逸失利益や介護費などを考慮し、母親には女性側へ3500万円、損保会社へ6千万円の賠償責任があるとした。(


親の責任は確かに大きいですね
子供に関して全責任を負うのですから、こういう判断がなされてもしょうがないでしょう
とにかく気をつけろと言い続けるしかないですし、自らも保険に入って万が一に備えるしかないと思います
そんなところを考えるとシングルマザーとか褒めそやすものじゃないなぁと思いますね。実際無理だもの

また、道交法が最近改正されてますけど、自転車に関する部分、免許必携とか年に一回講習を受ける機会を設けるとか、自転車に関する法への教育を義務づけるようなシステムを作っていかないと、子供だからしょうがないとかそんなバカな言い分が通らないようにしておかないと、最終的に親が馬鹿を見る羽目になってしまうかもしれません。親が言うだけではなく行政からも厳しい指導が行くようにしておくべきではないでしょうか?

自転車は凶器になることが認識されている以上、その扱いに関して免許が必要だと自分は考えますよ


また、損害保険会社への支払いっていうのは一瞬どういうことかと思いましたが、
被害女性が契約していた保険会社がすでに払っておいた分を
加害者と認定されたことで、母子に支払う義務が発生したということと理解しました
ちょっとわかりにくいかも(笑)

この判断、厳しいけど現状ではこうならざるを得ませんね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130705-00000003-asahi-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:自転車 交通事故
posted by ! at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・家庭に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック