2013年07月04日

他人の死を願って移植しなくても臓器の入れ替えが可能になるならhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000004-mai-soci

Yahoo:「<iPS細胞>横浜市大が肝臓のもと作製 マウス体内で機能

>さまざまな種類の細胞になりうるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、肝臓のもととなる「小さな肝臓」を作り、マウスの体内で機能させることに世界で初めて成功したと、横浜市立大の谷口英樹教授(再生医学)の研究チームが発表した。臓器移植に代わる新たな治療法として応用できる可能性があるという。4日付の英科学誌ネイチャー電子版に掲載される。

 これまでiPS細胞から肝臓の細胞は作られているが、体内で機能させるには立体構造を作ることが必要だった。

 谷口教授らは、ヒトのiPS細胞を肝臓の細胞になる直前の「内胚葉(ないはいよう)細胞」に成長させ、血管を作る細胞や細胞同士をつなぐ細胞と一緒に培養した。その結果、培養皿の中で細胞が自然に5ミリほどの球状に集まり、血管がある小さな肝臓ができたという。

 この肝臓をマウスの体内に移植したところ、ヒトの肝臓でしか作られないたんぱく質などがマウスの血液から確認された。さらに、薬剤で肝不全にしたマウスに移植した結果、30日後の生存率は、移植しない場合の約30%から90%以上に高まったという。

 今後、大人より必要な細胞が少なくてすむ子どもの肝臓病治療に向けた研究を進め、10年以内に臨床研究を目指すという。谷口教授は「小さな肝臓を大量に作って移植し、体内で成熟させる方法で臨床応用したい。それにはiPS細胞の安全性の評価も必要だ」と話す。


この手の研究費用には十二分にかけて欲しいですね
臓器移植はどうしても納得がいかなかったのですが、このような方法で脳死とか倫理的な問題を回避できるようになるなら本当に良いことだと思います

自分が生きたいのは山々ですが、かといって他人の死を願うがような状況になるのはやはり辛いでしょう?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000004-mai-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命に関わる問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック