2013年06月28日

死に際も肝心http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130628-00000038-reut-int

Yahoo:「重篤のマンデラ氏が「話しかけに反応」、長女が容体明かす

>南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領(94)の長女マカジウェさんは27日、肺感染症の再発で入院中のマンデラ氏の容体について、「話しかけると反応がある」と明かした。ただ、依然として危険な状態は続いているという。

マカジウェさんは南アフリカ放送協会(SABC)に対し、「うそはつかない。状態はよくなさそうだ」と話した上で、「でも話しかけると反応し、目を開けようとする。何とか踏みとどまっている」と明らかにした。

一方で、多くの外国メディアの報道に人種差別的な要素が見られるとし、家族のプライバシーを侵害しているとも非難した。

南ア大統領府も、マンデラ氏が危機的な状態にあると詳細に伝えた一部外国メディアの報道を激しく批判していた。


この報道は確かにおかしい
今どういう状態にあるかとか伝えることの必要性はないんじゃないでしょうか?
プライバシーは守って差し上げるべきでしょう

そして、もし不幸にも亡くなられたら、それを淡々と伝えれば良いだけのことです


で、勝手なことを言わせて頂ければ、無理な延命治療はなさらずに死に際を自然に任せてやって欲しいかなと思わなくもないですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130628-00000038-reut-int


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック