2013年06月25日

今からでも遅くはない女性手帳(それに類するものの)の実現をhttp://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130625-00000030-jnn-soci

Yahoo:「初産平均年齢 初めて30歳超える、少子化社会対策白書

>今年の少子化白書がまとまり、第1子を出産した母親の平均年齢が初めて30歳を超えるなど、「晩婚化」や出産の高齢化があらためて指摘されました。

 25日に政府が閣議決定した今年の少子化社会対策白書によりますと、2011年の平均初婚年齢は夫が30.7歳、妻が29.0歳と、それぞれ前の年より0.2歳上昇しました。

 第1子を出産した母親の平均年齢も2011年に30.1歳と、初めて30歳を超えました。これは1980年の26.4歳と比べると、3.7歳も上昇しています。

 また、未婚者のうち、「一生結婚するつもりはない」とする男性は2010年の調査で9.4パーセント、女性は6.8パーセントと、いずれも過去最高となっています。

 内閣府は「経済的な理由から結婚や出産に踏み切れない人が増えているのではないか」と分析しています。(25日13:13)


経済的なこと
将来への不安とか
いろいろなことが考えられますでしょうけど
やっぱり女性の社会進出がよろしくないのでは?と考えます
もちろん旦那の収入が低いから女房が働きに出ざるを得ないというのもありますでしょうけどね。結果男性の職場を女性が奪った結果給料も下がったというのもあるのかな?

先の記事じゃないですけどコストカットを推し進めた結果ですかね?


どう考えても生き物の身体の仕組みとして考えれば産める年齢には限界があるので、それを踏まえて人生設計をせざるを得ない訳で、自分のやりたいことをやる前にやらなければならないことを順番に考えれば、若いうちに安心して結婚出産に迎えるように社会の方向性をただしていかないと駄目でしょうね
その目安として、女性手帳(類するもの)は世に出した方が良かったんじゃないかなぁ。官が違いをした人たちのバカな反対によって少子化対策も何歩も交代した感じ
女の人たちしか産めないわけですし、産むのがイヤとかいうのは女性自身の存在価値を自ら否定している感じ


サヨク連中が日本を駄目にする前に人口が減って、日本終了になるような気がしてきました
悪い方へ悪い方への・・・悪循環が酷くなってきているので、何かスイッチを入れて切り替えないと本当に駄目だと思います

副作用も大きいかもだけど、強烈な薬を処方しないと日本自体が生きながらえなくなるのでは?どんな薬が良いのかは何とも言えないけど、

女房が外で働かなくても良いように、旦那には一家を養えるだけの給料を支給、
それに尽きると思います


子供を十分育てたら女性も働く機会が出てくればいいのでは?

仕事より、子供を育て上げる方が重大な使命だと思いますよ
仕事ができても子供がいなければ、不完全でしょうね
(ただし肉体的に子供を得られない人は除きますよ、念のため)

生き物って、基本子孫を残すために必死になるけど、いくら人間が進歩したといっても、そういう面が失われたら退化したとしか思えないです


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20130625-00000030-jnn-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族・家庭に関すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック