2013年06月25日

ネットで公開すれば早晩こうなることはわかっていたはずなのに?爆発物を作って公開していた高校生聴取http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000567-yom-soci

Yahoo:「路上などで爆発物破裂…動画投稿した高校生聴取

>インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に、京都府南部の路上や河川で複数の爆発物を破裂させる動画が投稿され、府警が爆発物取締罰則違反などの疑いで捜査していることがわかった。

 通行人のすぐそばで大きな炎が上がって破片が飛び散る動画もあり、府警は投稿者を府内の男子高校生と特定し、事情を聞いている。

 動画では、道路上に小さな物体が投げられた直後、激しい爆発とともに火花が飛び散ったり、河川や水田に投げ込まれた物体が破裂したりする様子が映っている。通行人のそばで起きた爆発では、白い服を着た人が土手の道を下りた直後に炎が上がり、近くの田に水しぶきが上がった。

 府警は、動画に映った背景から現場を府南部と特定、投稿者のハンドルネームや投稿履歴などから高校生を割り出したという。府警は今後さらに高校生から事情を聞き、爆発物の種類を調べる。


ネットで公開すればこうなることはわかるであろう年齢であるし、
そもそも爆発物を作って良いかどうかの分別もつきそうなものですが
そしてそれを人に対して使えばどういう結果を招くのかも

こういうバカがいることに本当に驚きます
すぐに特定して聴取に至ったことは良かったと思いますね

少年法で司法上は守られても、おそらく実名もそのうち暴かれてネットで公開されるんじゃないでしょうか?
バカなことをやった大きすぎる代償ですね
ネットでバカをすれば、ネットでその代償を払うことになりますね

それにしても親は何をやっていたんでしょう?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000567-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛い人の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック