2013年06月23日

日本独自の価値観を大事にしていきたいですねhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00000057-san-soci

Yahoo:「富士山、世界文化遺産に 「日本的価値観」各国が支持

>三保松原(静岡市)が、イコモスの「除外」勧告を覆し、世界遺産委員会の決議で「富士山」の構成資産として世界文化遺産に登録された。審議で、各国から勧告に相反し、三保松原の文化的価値を認める発言が相次いだ背景には、文化庁の近藤誠一長官らの粘り強い働きかけがあった。

〔フォト〕世界遺産までの道のり どう後世に残せばよいのか

 世界文化遺産は、推薦案件をユネスコの諮問機関で専門家集団のイコモスが審査して勧告を出し、それを参考に21カ国からなる世界遺産委が登録の可否を決定する。その際、登録の基準となるのが、世界遺産条約で規定されている「顕著で普遍的な価値」の有無だ。

 しかし、文化庁によると、「顕著で普遍的な価値」という基準が欧米の価値観に基づくもので、近年、途上国を中心に「多様な価値観を反映していない」とする批判が相次いでいる。イコモスの専門家に欧米出身者が多いためだ。

 三保松原についても、イコモスは「45キロ離れ、山との一体感に欠ける」という理由で構成資産からの除外を勧告していた。近藤長官は除外勧告を受け、「目に見えないつながりを重視し、離れていても不可分の一体と捉える日本人との価値観の違いが表れた。価値観の違いはどんどん主張しなければならない」と強調。勧告直後から関係者に電話やメールを駆使して巻き返しを図っていた。

 22日の世界遺産委では、各国から三保松原との一体登録を支持する声が相次いだ。セネガルは「芸術家がインスピレーションを得る重要な場所」と発言。マレーシアも「砂浜と松林も富士山の一部であり、無形の文化的な価値を持つ。富士山との距離は関係ない」と主張、流れは決定的となった。日本的価値観をあきらめずに主張したことが功を奏した鮮やかな“逆転劇”だった。(篠原那美)


欧米とかの基準では必ずしも日本の良さをはかることはできないって事ですね
であるならば、いわゆるグローバル化で日本文化の良さとかが押し流されないように日本人自ら守らないといけないって事かなと思いました

よく日本文化の良さを外国の方から教えられることはありますけど、結局その良さを守り伝える役目を持っているのは日本人自身ということです。しっかり受け継がれるように皆でしていかないとなりません

今回富士山は文化遺産として世界から認定されたわけですが、それだから守るのではなく
世界から認定されないごくごく普通の文化伝承などがあちこちに転がっているわけですし、過疎化などで風化しつつある地域の祭事があったりします。そういうのは世界遺産にならないから無価値ってことはないわけで、なんとか残していって欲しいなと願うばかりです。NHKとかそういう各地域の文化伝承としっかり取材してせめて映像などで記録を残しておいてくれればいずれは復活させることもできるんじゃないでしょうか?低俗な朝鮮ドラマを買って放送するよりそういう民俗を保存する方がよっぽど公共放送としての役割を果たすってものです!

日本人自らが自分の地域に根ざしているものを知って、守り伝えていくことはすごく大変な事だとは思いますけど、せっかくつながっているものを自分の世代で断ち切っちゃうのはもったいないと思います
そういうのも地域の絆じゃないですかねぇ?

人材を都市部に集中させないで、各地域に人が住むことが出来て、そういう文化の伝承が出来るような町作りは出来ないものでしょうか?


それにしても、富士山を文化遺産ではなく自然遺産で登録できなかったのは非常に残念
富士山にある、人工的なものをすべて撤去し、ゴミの始末が全部出来たらすっきり出来るでしょうなぁ
観光業者は怒るでしょうけど、美しい富士山の自然をというのであれば、そうなるような気もします
(でも北富士演習場とかもあるから微妙か?)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130623-00000057-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック