2013年06月23日

国民皆保険で助かっているんだし・・・http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1765604.html

”痛いニュース(ノ∀`)”:「国民健康保険料値上げがやばすぎると話題に 年収300万円で16万円増

1 名前: マーゲイ(神奈川県):2013/06/22(土) 07:24:18.05 ID:GSaIBJ3B0
国民健康保険料(税)の「納付通知書」の送付が始まっています。東京23区内では、年2万円から16万円もの値上げの人もいます。受け取った住民から「高くて払えない」「毎年値上げが繰り返され、もう限界」と悲鳴が上がっています。

大田区在住の女性(69)は病気の子ども2人を抱え、シルバーセンターで働いています。「年金生活の両親が保険料を払ってくれていますが、ギリギリの生活です。私の収入もわずかなのに、また1万円以上も上がった。覚悟はしていましたが大変です」

12日に通知書を発送した大田区では、翌13日から問い合わせが相次ぎ、同日窓口を訪ねた区民は
101人、電話は約300件。平日の2日間で393人が訪ね、電話は900件近くにのぼりました。
10日発送の杉並区では、国保資格係応対分だけで電話が11日から4日間で947件にのぼりました。
窓口対応は4日間で180人でした。

石原・猪瀬都政は、区市町村の国保財政への独自支援額を320億円から43億円に減額しました。
その結果、国保料(税)の大幅値上げを招いています。

日本共産党は、軽減するための財政支援の充実を一貫して主張。3月都議会でも、高すぎる国保料
を軽減するために、都が区市町村に財政補助して1世帯5000円を減額する予算組み替え案を
提出しました。しかし、自民・公明・民主・生活者ネットの各党は、これに反対しました。
日本共産党は、都議選で「1世帯5000円の引き下げ」を訴えています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-06-18/2013061801_01_1.html


どうしたら良いんですかねぇ
確かに高齢者が多いことで、その分余計に医療費が増えているし、若い世代は損をしているというのもわかる話
かといって、高齢者の医療費を渋るわけにもいかないと思いますし、若い世代の負担を減らした方が少子化対策にもつながっていくんじゃないかなと考えると(余計な負担を減らして子育てにまわしてもらうとか)、やっぱり国費等で補填していくしかないと思います。未来へのツケを増やすなと言われても今をしのがないと、先も無いと思いますよ

まったく健康な人には無意味だって事にもなるかもしれませんが、人間いつ病気になるかわかりませんし健康保険は必要なシステムだと思いますので、無くすわけにも生きませんし、民間へというわけにもいかないでしょう。民間では利益を出さないといけないので、今以上に厳しい事になるように思いますよ
民間なら安くなるという考え方には同意いたしかねますね


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック