2013年06月23日

製造者の技術もすごいし、パイロットの腕もいい!http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130622-00000013-ykf-soci

Yahoo:「辛坊氏を救出した海自飛行艇のスゴさ 水陸両用の「US−2」

>大荒れの太平洋で辛坊氏らを救出したのは、世界最高峰の性能を誇る水陸両用の国産救難飛行艇「US−2」だった。

 US−2は新明和工業(兵庫県)が開発し、海上自衛隊に7機配備されている。航続距離が4500キロと広範囲におよび離陸に滑走路も不要なことから、小笠原諸島の救急患者搬送などでも活躍。最大の特徴は波高約3メートルの荒海でも低速度で離着水できることだ。

 今回は波高4メートルだったが、関係者は「US−2とパイロットの技術の高さが合わさった成果」と語る。US−2をめぐっては5月の日印首脳会談でインド輸出を両国で検討することで合意。また、南西諸島の自治体などから沖縄への配備を求める声もあがっている。今回の大救出劇が輸出、配備増への追い風となるか。


どちらもすごかったということで!
日本はいずれも世界に誇っていいと思います

機体の方は安全保障上問題がなければどんどん売って良いと思いますし
パイロットを売っちゃまずいです
日本を守ってくださる貴重な人材

そういう人たちが安心して任せられる機体を日本は作って欲しいねぇ
戦闘機とかだって自前で出来ないものか?
戦前は零戦とか素晴らしい期待を持っていたのに戦後はなかなかそういう事が出来ないでいます
作るわけにはいかないんだろうか?ロッキードも、マクダネルとかも良いけど日本のメーカー頑張れ!


で、気になる話ですが
辛坊氏らが乗っていたヨット、最初から穴があいていたとのこと。デマなのか本当のことなのかわかりません。また、毎年放送されている24時間テレビの一コマになる予定だったとも聞きます
その辺の真贋はわかりませんが、辛坊氏はテレビ屋、もう一人は目がお悪い方とか。そんな人たちが外洋に出ていくなんてチャレンジでもなんでもなく、ただの無茶

先日の鳥人間コンテストとかぶると思いますが、放送するための話題作りで無理矢理な事をするのは止めて欲しいですね。モラルを問われて然るべきです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130622-00000013-ykf-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック