2013年06月19日

サッカーに限らず、朝鮮人がスポーツに関わると迷惑する>殴っておいて提訴とは笑わせるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-01120491-gekisaka-socc

Yahoo:「韓国チームスタッフがイラン選手に暴行か

>18日に行われたW杯アジア最終予選イラン対韓国戦の試合後に、韓国チームのスタッフがイランの選手に対して暴行を加えたのではないかと問題になっている。問題の場面は動画サイト『YouTube』にも投稿されるなど、インターネット上を中心に話題となっている。

 1−0のイラン勝利に終わった一戦。勝ったイランは逆転で首位に躍り出て、2大会ぶり4回目の出場を決めた。韓国も敗れはしたが、ウズベキスタンを得失点差で上回り、2位を死守。8大会連続9回目の本大会出場を決めた。

 だが問題が起こったのは、試合後、イランの選手が喜びながらグラウンドを駆け回っている時だった。興奮したイランの選手1人が、ベンチ前で落胆する韓国イレブンの前に走っていった。その際、韓国人スタッフとみられる2人がこのイランの選手を殴るような仕草で追い払ったのだ。

 イランの選手が挑発したという可能性もあるが、“暴行”と取られかねないシーンが映像に記録されおり、今後何らかの処分が下る可能性がある。


Yahoo:「韓国、イラン指揮官のジェスチャーに怒り

>2014年サッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)アジア最終予選、韓国対イラン戦で、試合後にイランのカルロス・ケイロス(Carlos Queiroz)監督が韓国の崔康煕(Choi Kang-Hee、チェ・ガンヒ)監督に対して見せたしぐさを、韓国側が非難した。

 大韓サッカー協会(Korea Football Association、KFA)の役員によれば、イランが1-0で勝利し、W杯本大会出場を決めた試合後、ケイロス監督が韓国の崔康煕(Choi Kang-Hee、チェ・ガンヒ)監督に対して挑発するようなしぐさを見せたという。

 同役員によると、これを目にした韓国の選手数名が激高し、イラン側のベンチへ殺到する事態になりかけたが、スタッフが何とか制止した。役員は続けて、国際サッカー連盟(FIFA)のスーパーバイザーもこの場面を目にしたはずであり、報告書を出すだろうとしている。

 この件に関して、現時点でケイロス監督からコメントは得られていない。両チームの対戦は、韓国がイランに「苦痛を与える」、「血の涙を流させる」と発言するなど、緊張感が異常に高まっていた中で行われた。

 ケイロス監督も、韓国が2012年10月のテヘラン(Tehran)での対戦で不当な扱いを受けたと不満を述べると、これに対して「恥知らず」と返していた。今週に入って、ケイロス監督が崔監督の写真をプリントしたTシャツを着ている写真がツイッター(Twitter)上で拡散されていた。【翻訳編集】 AFPBB News


朝鮮人が関わるものは、こうやってすべからく低俗でクダラナイものになってしまいます

試合前から監督同士が煽りあっていたのは確かですが、それも以前の試合の遺恨があればこそとか?

なんにせよ、記事中の通り手を出した方が悪いわけで、イラン選手があのような行動をしたとはいえ、手を出したのは朝鮮人

これがまず問題視されなければおかしいんじゃないですかね?南鮮側の提訴は無謀じゃ無かろうか?

他のスポーツでも同じようなことをしているのを見るにつけ、朝鮮人の民度の低さを感じる人は多いのでは?

そして、朝鮮人の暴力について記事が少ないとのこと
日本のメディアは朝鮮人に気を遣ってるのかな?

でも、気になるのはFIFAも朝鮮人が中にいるから、たいした処分が出ない可能性があること
胸糞悪い連中だ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-01120491-gekisaka-socc
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130619-00000011-jij_afp-socc


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック