2013年06月13日

野球界の不祥事だと思います>飛ぶボール問題http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000011-sph-base

Yahoo:「加藤コミッショナー、飛ぶボール隠ぺい「不祥事ではない」

>日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナー(71)は12日、公式戦で使用する統一球を昨季より反発力の大きい「飛ぶ」球に変更した事実を隠ぺいしていた問題で、都内のNPB事務局で会見を行い、変更の事実を「知らなかった」と主張した。選手及びファンには謝罪したものの、変更は下田邦夫事務局長(59)の独断とし「不祥事ではない」とも発言。自らの責任問題には当たらないとの見解を示した。

 答えは知らぬ存ぜぬ、だった。午後8時から始まった会見は、約100人の報道陣が集結し、約50分間にわたった。だが、コミッショナーは昨季までの「飛ばなすぎる」ボールを修正していたという事実を「昨日まで全く知らなかった。説明は(下田事務局長から)なかった。知っていたら公表したであろう。申し訳なかった」と、繰り返し謝罪。だが、責任を問う声には「これは別に不祥事じゃない」と開き直った。

 11日の選手会との事務折衝の後、隠ぺいの事実を明らかにした下田邦夫事務局長らNPB幹部は、午前10時前から緊急会議を行い、数時間にわたり対応を協議。苦情電話は60件にのぼり、コミッショナーの辞任を求める声もあった。ボールの製造元であるミズノ社の担当者も訪れ、善後策を練った。下田事務局長は11日には「(変更は)コミッショナーに相談して進めていた」と明言していたが、この日になって急転。「昨日は混乱していた」とし、隠ぺいにコミッショナーは関与せず、自らの独断によるものと強調した。

 「加藤良三」と自らの名前が刻まれたボールを巡る問題。コミッショナーは今後「内部の意思疎通、ガバナンス(統治)強化に努めたい」と力説したが、ボール変更という一大事をまったく把握していなかったのならば、その統治力には大いに疑問が残る。

 NPBと、製造元のミズノ社の説明によれば、下田事務局長はボールの反発係数が基準値を下回るケースがあったため、NPBが基準内に収まるよう反発力を高めるように調整したボールの製造を、昨年10月ミズノ社に依頼。ミズノ社ではボールの芯にゴムの成分を入れて、昨季より「飛ぶ」ボールに改良していた。この事実を知っていたのは、下田事務局長のほか、実務担当の2人だという。公表を控えた理由については「新旧の球が混在することで混乱を招かないため」としたが、この3人について今後、減俸などの処分が検討される模様だ。

 下田事務局長は「心の中で思っていることはある」と話し、コミッショナーに進退を一任する意向。一方のコミッショナーは本塁打が激増している実態について「疑問に思ったことはない」と断言し、問題意識の差が浮き彫りになった。NPBは14日に臨時実行委員会を招集して12球団に事情を説明する方針だが、事態が収束するかどうかは不透明だ。


日本のプロ野球の責任者という立場の訳なんですから
選手やファンに対する大きな裏切りでしょう

スポーツにおいてもルールは厳しく守られるべきであるし、それを黙って変更してしまうのはあってはいけないこと

責任を持って自らクビを切るべきじゃないですかね?
知らなかったということですが、知らないわけがないでしょう
本当に知らないにしても管理責任を問われることになります
部下のせいにして逃げるのは最低ですね

ま、下衆で勝手な想像ですがどうせジャイアンツのナベツネ当たりが後ろで陰を引いていると思いますよ(笑)
あのくらい野球界を引っかき回す老醜はいないでしょ?

とはいえ、NHKがトップクラスで扱うニュースじゃないと思います
同じ不祥事なら、NHK自身が腐っていることを自戒する報道をすべきではないかと考えます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000011-sph-base


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック