2013年06月10日

早く脱法ハーブの取り締まりをもっともっと厳しくしようhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000687-yom-soci

Yahoo:「ハーブ吸引の事故に危険運転致死罪認める判決

>脱法ハーブを吸ってワゴン車を運転し、愛知県春日井市で高校1年金沢咲月(さつき)さん(当時16歳)をはねて死亡させたとして、危険運転致死罪と道路交通法違反(救護義務違反)に問われた同市、会社役員堀田裕也被告(31)の裁判員裁判で、名古屋地裁(松田俊哉裁判長)は10日、懲役11年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。

 検察関係者によると、脱法ハーブ吸引と死亡事故の因果関係を認定し、危険運転致死罪の成立を認めた判決は全国で初めてという。

 判決では、堀田被告は昨年10月10日午前7時40分頃、脱法ハーブの影響で正常な運転が困難な状態にもかかわらず、ワゴン車を時速70キロで運転。春日井市の市道を自転車で横断していた近くの金沢さんをはね、死亡させた上、金沢さんを救護しなかったとしている。

 堀田被告は自動車運転過失致死などの容疑で送検されたが、名古屋地検は、脱法ハーブが運転に与える危険性を認識していたと判断し、より法定刑の重い危険運転致死罪などで起訴した。


こうやって命が失われてからでは遅いわけで
身体はもとより精神に悪影響を及ぼす可能性のある薬物をすべて禁止できないものでしょうか?

完全禁止に出来ない何かしらの理由があるかどうかはわかりませんけど、百害あって一利なしという気がしてなりません
もちろん禁止にしたからと言って取り締まりが完全に出来るわけでもないでしょうけども、売人などを厳しく罰することが出来るようになれば、少しは違ってくるように思われます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130610-00000687-yom-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック