2013年06月03日

未来を見続ける人たち>福島で東北六魂祭行われるhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00010000-minyu-l07

Yahoo:「「東北六魂祭」絆強め閉幕 来場者数は計25万人

>東北6県の県庁所在市の祭りが一堂に会した東北六魂祭(ろっこんさい)は最終日の2日、福島市の国道4号で6大祭りによるパレードなどを行い、東日本大震災からの復興へ東北地方の思いを結集、熱い演舞で県民を激励し閉幕した。
 パレード会場周辺には、この日だけで約13万人(主催者発表)が来場、震災と原子力災害に立ち向かう本県のためにと駆け付けた出演者たちに、大きな声援を送った。開催2日間の来場者数は、実行委員会が当初予想した20万人を上回る計約25万人で、昨年の盛岡市開催の約24万人を上回り、東北の絆を実感し合った。東日本大震災の犠牲者の鎮魂と東北地方一丸での復興を目的に、仙台、盛岡両市に続いて開かれた福島市開催は、2日間とも好天に恵まれた。
 6大祭り本番を連想させる夏祭りムードの中で、パレード折り返し後の戻り囃子(ばやし)では、出演者同士が互いの祭りに飛び入り参加して交流したり、沿道の観客と握手を交わしたりしながら、東北の心を一つにして復興への思いを共有した。


国会を囲んだ阿呆どもと比べたら本当に失礼ですが
未来を目指している人たちがこれだけ集まってきておられることに、日本は大丈夫だと思わせていただきました

この二日間晴れて本当に良かったですよね!
青い空にブルーインパルスの描く桜もよく映えてました

復興を信じ、未来へ思いをはせて何が悪い?
同じ日本の国なのに、未来を取り戻して何が悪い?



同日国会を囲んだと誇っている連中は、ただの妄想を垂れ流す爺、婆ですからいずれ朽ち果てるので放置しておくしかないでしょう

未来への意義を感じられない阿呆連中は本当に嫌です


見ていて嫌になった一番のものは、六魂祭に行った人は東京に帰ってくるな、というもの。放射性物質を拡散させるから困るんですって・・・もう何も言えません




映像や写真をいくつか見せて頂きましたが、その熱気たるやものすごいもの。こういう物言いは失礼ですが、もっと酷い目に遭われた広島や長崎が今のような繁栄を誇っているのですから、福島に限らず津波などの被害を受けた地域は確実に復興していけます!

それを嫌だと思っている連中が国会に集まりました。そいつらを気にせず復興に邁進していきましょう!



他にもいろんな映像がありますので、是非検索して見てみてください




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130603-00010000-minyu-l07


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック